mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

鉄馬を動かす赤い力

プロ野球セリーグクライマックスシリーズで、横浜DenAベイスターズ

全く寄せ付けず神と称されるほどの圧倒的な強さを見せつける

広島東洋カープ

この広島東洋カープのファンに負けないほどの赤い力を感じる出来事が

ありましたので今日の鉄道の日にちなんで触れておきたいと思います。

それは、ICカードmanacaのエリアから外れて廃線が噂される岐阜県

名鉄広見線新可児駅、御嵩駅の間の末端区間の存続を願い、

地元の子どもたちが一生懸命描いた赤い名鉄電車の絵画作品です。

中には上手と言いがたい作品もあったけれど、強い赤い色彩から

名鉄広見線の存続を願う気持ちが十分に伝わってきたし、

将来を担う地元の子どもたちが広島東洋カープのファンに

負けないほどの強い気持ちを持っていて、大人たちもこの

絵画コンテストを主催したり、名鉄と一緒になってこの広見線

活性化策を考えたり沿線を舞台にしたイベントを開催したりしているので

地元のこれほどの熱意があって、自治体も鉄道の存続を願って精力的に

活動しているなら、この広見線が将来名鉄の手を離れることが

あっても、三重県三岐鉄道北勢線四日市あすなろう鉄道線、

そして廃線の危機から一転して貴志川駅の猫駅長のたま、ニタマで

一躍全国区の人気となった和歌山電鐵貴志川線

ような形で自治体の支援を受けながらでも鉄道として存続していけるような

気がします。

さて、廃線といえば現在話題になっているのが広島東洋カープの地元

広島県のお隣の島根県三江線です。

この三江線の鉄道での存続を願ったラッピング列車が普段は

あまり走らない山陰本線出雲市駅付近を走ったようですが、

廃線が決まってから三江線のアピールをしても意味がないし、

ダイヤに余裕がある山陰本線から三江線への直通列車を走らせるなどの

活性化策を打とうと思えば幾らでも方法はあったと思うし、

この三江線の沿線の島根県川本町に特産のエゴマ油目当てに移住した

男性の話を聞いて、都会の人をそれだけ惹きつけるアピールポイントが

沿線にあるのならもっと宣伝に力を入れて観光客の誘致や

都会からの移住の促進に力を入れるべきではなかったかと思います。

さて、冒頭の広見線とともにmanacaのエリアから外れて

廃線が危ぶまれているのが同じ名鉄蒲郡線です。

先に触れたように広見線のほうは鉄道の存続に熱心なのに

蒲郡線のほうは残念ながら鉄道の存続に対する地元の

熱意がそれほど伝わってこないのが実情です。

三江線のように災害で長期運休を強いられるリスクも少ないし、

愛知こどもの国、西浦温泉、蒲郡競艇場などの集客施設

観光地があることで三江線広見線よりも恵まれているのは事実ですが、

並行するJR東海道本線に利便性や運賃の面で水を空けられているし、

この蒲郡線も将来安泰とは言いがたいので沿線の自治体や住民の

同じ名鉄広見線に負けないほどの目に見える赤い熱意を

見たいところです。