mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

目を背けずに

近々名古屋市周辺の鉄道の駅に、線路への飛び込みや

踏み切りへの浸入による鉄道自殺の防止のポスターが貼られるそうです。

命よりも大切なものはないし、この取り組み事態に異論はないのですが、

ブラック企業が原因で誰かが命を絶ったならば内部留保をメタボの

ごとく溜め込んでいるくせに次々と自殺というような形で

虫を殺すように若いかけがえのない命を死に追いやっている

日本IBMのような非人道的企業に問題があるし、

いじめが原因の自殺ならば公務員の安定した地位と特権に

しがみつきたいばかりにいじめを隠そうとする女々しいゲスの極み

教師や教育委員会に責任があるのに、なぜこの愛知県の

取り組みのように鉄道会社が自殺防止を呼びかけたり、

ボランティアで運営されているいのちの電話の支援に

取り組まねばならないのかというのが正直なところです。

日本IBMにしても児童生徒の幸せよりもキャバクラ通いのほうに

関心のある教育委員会の人間にしても、自分たちは人殺しではないと

ばかりに、自殺問題に目を背けて無関係を装うけれど、

自分たちのせいで自殺者が出ているのは紛れもない事実なのだから

事実を事実として潔く認めて、自殺対策を人任せにするのではなく、

いのちの電話に資金を拠出したり、自殺防止の運動に主体的に

参加するのが当然だと思うし、それが志半ばで命を絶った

自殺者の無念に応えることだと思います。

政府にしても、臨床心理士の国家資格化の動きは評価できるけれど、

ブラック企業が主体的に自殺防止の運動に取り組む姿勢が見られない場合は

企業名の公表などの制裁を課したり、日本IBMなどのブラック企業の製品に

消費税のように自殺対策や心のケアの充実に充てる費用を上乗せして

結果論とはいえブラック企業の片棒を担いでいる消費者から

強制的にお金を取ることも考えるべきと思います。

特に後者の対策は、ブラック企業の製品は高くなって結果的に消費者から

敬遠されることにもつながるのでブラック企業の我が国からの

根絶を目指す上では有益と思います。