mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

一回り

干支は十二支、鉛筆は12本で1ダースと、わが国では12という数字は

何か意味があるように思います。

なぜ、こんなことを言うと、プロ野球パリーグ大阪近鉄バファローズ

オリックスブルーウェーブとの統合で消滅し、代わりに

東北楽天ゴールデンイーグルスが新規参入してから早くも

12年経ったのです。

球界再編問題の当時は若々しかった選手たちが

中堅と呼ばれる年代になったことに時の流れを感じますが、

大阪近鉄バファローズオリックスブルーウェーブ出身の選手が

今年のオフに戦力外通告を受けたことで、彼らの新天地が

見つからない場合は、球界再編で姿を消した愛すべき

両球団の魂を受け継ぐ戦士たちが風前のともしびとなってしまうというのは

何ともやりきれない思いがします。

この大阪近鉄バファローズオリックスブルーウェーブの後進球団の

オリックスバファローズには、両球団をこよなく愛した球団の功労者の

仰木彬さんと、筆者をはじめ球団合併の前から変わらぬ声援を

送るファンの気持ちに報いるために、後藤光尊坂克彦

今年戦力外通告を受けながらも現役続行を目指す前身球団出身の

選手に再起のチャンスを与えて欲しいと思うとともに、

ブルーサンダー打線の代名詞だったイチロー選手の日本球界への復帰と

イチロー選手と人気を二分した谷佳知さんのコーチ就任を

目指して貰えたらと思います。

さて、文筆業の人などは鉛筆1ダースなどあっという間に使ってしまう

でしょうが、同じ12でも12年という時の流れは干支が一回りして、

赤ん坊だった子どもが小学校を卒業すると言われると

本当に長く感じられます。

筆者も12年前は肉親を病気で亡くすことも不自由な体になることも

想像できなかったし、東日本大震災東京電力福島第一原発事故

平成28年熊本地震など目を覆いたくなるような災害が相次いで

我が国を襲うことも考えられなかったです。

でもそのように長い12年の時間が流れても、オリックスバファローズ

愛する気持ちは変わらないし、球団とオリックスバファローズ

選手たちにも来季こそは智弁学園より弱いなどと情け無いことを

言われないように捲土重来を期して欲しいと願っています。