mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

リハビリ

リハビリという言葉は、患者を社会復帰させるのが

目標になっているのだという。

だが、筆者はどうしても、それがゴールでいいのかと

懐疑的に思ってしまうのだ。

名古屋市でいじめを苦にして自殺した生徒の父親が、

希望に満ちた学校生活がいじめのせいで辛いのが

当たり前の日常に変わってしまったと悲運の死を遂げた

息子を思いやっていたが、筆者もいじめやブラック企業

この生徒と同じぐらい辛い思いを味わい、信頼していた

人に裏切られて、、、と人知れず苦労を味わい、命と引き換えに

不自由な体となってしまったので辛いのが当たり前の日常が

どれほど嫌なものか身にしみてわかるのだ。

筆者の場合、辛さを逃れるために暴飲暴食に走り、

そこから摂食障害になってしまった、、、

さて、最初に書いたリハビリの本来の意味なら、この自殺した生徒を

転校もさせず元の学校に戻すのが正しい対応なのであろう。

いじめっ子をたしなめたところで、クラス替えをしたところで、

いじめの対象者が戻ってきたらしめしめとばかりにいじめが

再開し、せっかく辛い日常から解放されていた生徒が

また辛い生活に放り込まれることになるのではないかと思う。

筆者にしても、かつての会社やいじめを受けていた学校の近くを

通るだけで暗い気持ちになるが、トラウマというのは

それほど根深いものなのである。

医師や看護師はもとより、理学療法士作業療法士臨床心理士など

心のケアや社会復帰に携わる仕事をされている方にお願いしたいのは、

自分たちが着実に仕事をこなすことでかえって患者を追い詰めていないか

自問自答して頂きたいということと、元の学校や会社に復帰させるのが

困難と判断したら無理をせず、患者の希望を第一に考えて

転校、フリースクール適応指導教室の活用、大人であれば

在宅勤務や生活保護などの公的支援の活用など

最善策を考えて頂きたいということだ。

淡々と着実に仕事をこなすことばかりが能ではないはずだ。