mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

合併に思う

北名古屋市図書館で夏休みの自由研究の追い込みに励む

小学生の姿を見て微笑ましく思った。

だが、北名古屋市といえば筆者の地元の名古屋市との

合併が噂されており、それが現実となれば

この子たちが生まれた頃は西春町、師勝町という

懐かしい地名が残っていたのに、彼らが成人する頃には

懐かしい地名はおろか北名古屋市という地名も

地図から消え去るというのは何とも複雑な思いがある。

西春町は名鉄犬山線の西春駅にその名を残しているが、

師勝町北名古屋市の名前は駅名になっておらず、

名古屋市との合併が実現した際に旧北名古屋市

公共交通を担う名古屋市営バスの停留所の名前にも

師勝町北名古屋市の名前が残るかは微妙なので

地元の人間にとっては愛着ある名前が忘れ去られるとしたら

残念なことであろう。

だが、大所帯になるのは悪いことばかりではないと思う。

北名古屋市の住民には税金が上がるなどの一時的な

負担の増加はあるかもしれないが、地元の努力もむなしく

廃止の憂き目にあったJR西日本三江線三江線と災害のリスクや

赤字といった経営課題が共通していたJR東海名松線

明暗を分けたのも三江線沿線の自治体は体力のない

町や村ばかりなのに対して、名松線の沿線は松阪牛

本居宣長で有名な松阪市、女子レスリングの吉田沙保里選手の

地元で県庁所在地の津市と、もともと財政基盤のあったところに

平成の大合併で周辺の自治体を吸収して吉田選手に負けない

体力のついた自治体であったので、治山治水に財政的な

手当もできたし、JR東海と対等の立場で粘り強く交渉

できたのが一因と思うのだ。

北名古屋市もきっと、名古屋市に吸収される選択肢を取れば

南海トラフ地震対策やゲリラ豪雨の備えに今以上に

本腰を入れて取り組めると思うし、名古屋市も、藤前干潟

ゴミ処理場を建設する計画が頓挫してゴミ処理に頭を抱えている

現状が、ゴミ処理に余力のある北名古屋市と合併することで

改善されればいうことなしである。