mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

市民革命と利権屋

市民革命というワードは、庶民派を標榜する河村たかし名古屋市長や

橋下徹氏がよく口にする言葉だが、政治に無関心な無党派層

選挙に参加させる上で意味のある言葉だと思う。

この河村、橋下両氏の流れで東京都に小池百合子都知事が

誕生したのも市民革命の流れだと思うが、かつての

東国原英夫宮崎県知事と同じく、利権王国の東京都議会との

利害の対立で彼女の思うような政策が展開できるか不安な部分もある。

そこで提案したいのが、東京都議会のドンと言われる悪名高い議員のような

全体の奉仕者と言えないような人物を市民の力で公職追放

容易に追い込める制度である。

現在の制度では、東京都議会を市民の力で解散させるには

莫大な有権者の署名が必要であるが、これでは本当の意味での

市民革命の実現には程遠く、利権屋がのさばり東京オリンピック関係の

工事に絡む利権争いで抗争事件で市民を不安に陥れる山口組などが

関係する業者を利することになりかねないので、

止めさせたい議員の選抜総選挙のような企画を

インターネット上で定期的に開催して、上位に入った議員は

自動失職、公職追放ということにして古臭い張本勲のような

悪い意味での昭和の利権屋を議会から追放し、本当に

全体の奉仕者として活動できる議員だけが地方議会に

残ることができるようにするのである。

インターネット、選抜総選挙と言えば新たに選挙権に得た

ティーンも興味を持つだろうし、石頭で結果的に

利権屋や暴力団を利する結果になっていることに

気づいていないお年寄りは敬遠するだろうから好都合だし、

市民派の議員が増えて怒る人間はまずいないだろう。