mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

エアポートアクセス

北海道新幹線で話題をさらったJR北海道

このJR北海道の看板列車と言える特急スーパーカムイ

快速エアポートが直通する形で函館本線旭川駅千歳線

新千歳空港駅との間を札幌駅経由で乗り換えなしで結んで

いたのだが、いつの間にか直通は取りやめとなって

列車は札幌駅で分断されてしまった。

鉄道の駅から距離がある旭川空港よりもこの

特急スーパーカムイ新千歳空港に出たほうが航空機の

本数も多く、ジェットスタージャパンなどの格安航空会社、

いわゆるLCCも就航しているのに、旭川市深川市などの

利用客は旭川空港を使っているのか、あるいは

マイカーや高速バスで新千歳空港に向かっているのか

この旭川駅新千歳空港駅との直通列車には思ったほど

需要がなかったのだろう。

空港アクセスでもうひとつ気になるのが、北陸新幹線

敦賀駅まで伸びた後の福井県と石川県の小松空港のアクセスだ。

小松空港に近い北陸本線小松駅には現在は一部の

特急列車も止まっているが、この駅に北陸新幹線の駅は

併設されず、北陸新幹線が南へ伸びた後はこの

小松駅IRいしかわ鉄道線の駅となることが予想されるが、

第三セクター鉄道転換後に福井県から鉄道とバスで小松空港

向かおうとすると在来線は福井県、石川県の県境で

別会社となるために現在よりも運賃が高くなることが

予想される上に、サンダーバードしらさぎダイナスター

などの在来線の特急列車が全廃される見込みなので

所要時間も増加することが予想される。

かといって北陸新幹線で駅ができる敦賀駅福井駅から

北陸新幹線小松空港の最寄りとなる加賀温泉駅

向かうと考えると、いまのかがやきに相当する

最速列車が全て加賀温泉駅に止まるかは微妙である上に、

北陸新幹線の特急料金が在来線の特急よりも高くなることが

予想されるために、こちらも問題なしとは言えない。

福井県福井空港の開港を断念した経緯がある上に、

北陸新幹線と直接競合しない国際線や、沖縄県那覇空港方面の

利用客のために北陸新幹線敦賀駅までの開業後の

福井県小松空港のアクセスについて考える必要があると思う。