mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

縦の糸は、、、

縦の糸は貴方、横の糸は私、、、

住宅メーカーのCMで流れていた中島みゆきの歌に

人付き合いが苦手な筆者はハッとさせられた。

以前京都の組紐細工で自社と系列の能勢電鉄の路線を表現した

阪急電鉄の路線図に関心したことがあるが、

電車のダイヤも人間関係もこの組紐のようなものかも

しれないなあと思うのだ。

若くして人生半ばで障がい者となった筆者は、

周りに現れるいろんな立場の色んな人から

何度となく助言を貰ってきて、あの人の言う通りにしたら

あの人の言うことが守れないとか、あの人の立場がなくなる、

自分が不利益を被るといったように考えて思い悩んだ

こともあるが、ハンディキャップを負った筆者を心配し、

みんなそれぞれの立場から良かれと思って助言してくれているのだし、

そうした人たちがいなければ生活が成り立たないのだから

何であいつはあんなことを言うんだとか

あいつがあんなこと言ったせいで酷い目にあったとか

思わないようにしている。

筆者という人間を表の部分から裏の部分までちゃんと見ないで

憶測や過剰な期待で物を言う人もいるが、路傍の石をいちいち

気にしていたらキリがないので、承諾しかねるような

他人の言動は馬耳東風とばかりに受け流すようにしている。

曖昧な言動で変に期待を持たせたりしたら相手に失礼だし、

障がいのことも性格のことも結局一番理解しているのは

自分自身だと思うのだ。

八方美人というと本来は良い意味だが、最近では

誰彼構わずいいカッコして相手に取り入るといったように

マイナスの意味で捉えられているように思う。

筆者はジストニアという病気で手先が不器用なので、

組紐細工を見るととてもあんなものできないよと思うのだが、

人間関係を組紐細工に例えるなら、全ての糸を切ったり加工したり

せずにそのままにしておこうというのはやはり無理があって、

愛着のある糸でも時には断腸の思いで切断することも

必要なのだと思う。

さて、あと30分ほどで絡まった糸が解けなくなって

解散を余儀なくされたSMAPの番組が始まる。

一時的か永久にかはわからないが、四半世紀以上に渡って

繋がっていた糸を切るに至った経緯はメンバーの口から

直接ファンに語られるのだろうか。