mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

何とかは金を出しても、、、

苦労は金を出しても買えとは、昔から言われてきたことだが、

暇を金を出して買うという暇フェスなるイベントが開催されるという

ニュースに、肉フェスのように夏フェスの派生形がまたできたのかとか、

わざわざ暇を有償で手に入れるの⁉︎という嘲笑のような

困惑のような気持ちになった。

だが、ブラック企業に勤めていた当時なら、お金で暇が手に入るなら

是非、、、と直ぐに飛びついていたと思う。

それほど暇と無縁な生活を送っていたのだ。

当時よりもブラック企業の問題が深刻となり、ブラックバイト、

ブラック部活なる派生語まで生まれることになった現在、

暇を頂戴という切実な願いを抱く人も少なくなかろう。

のんびり、だらーり、、、という暇という漢字と

心を亡くすと書く忙しいという漢字の印象の違いには

我ながらはっとさせられる。

筆者は以前、東海道新幹線米原駅で、韋駄天のごとくこの駅を通過してしまう

JR東海N700系電車のぞみ号に向けて、新幹線くん、そんなに急いで

何するの⁉︎たまには煙でも出してみませんかという

蒸気機関車のイラスト入りのお灸の広告看板を見て、

その時は米原駅に止まらないのぞみ号への皮肉か

ブラックユーモアと思ったが、今になってこの看板の訴えたいことが

理解できるような気がするのだ。

過労死やブラック企業という言葉が諸外国で聞かれないように、

苦労は金を出しても買えという美徳を信じ、

二宮金次郎銅像を小学校に飾ってきた日本人の勤勉性が

今になって悪い方向に動いているような気がするのだ。

うつ病や自殺が社会問題になっていることを企業、個人、政府が

もっと真剣に受け止め、苦労は金を出しても買えというのが

正しいかどうか自問自答する必要があるように思う。