mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

銅メダル

リオデジャネイロオリンピックで日本勢が獲得した最初のメダルが

柔道での銅メダルだったと聞いて、アテネオリンピックのときに

野球日本代表の監督だった長嶋茂雄さんが、病気で

現地に行けない代わりにと侍ジャパンのフラッグに「3」という

数字を書き付けたことを思い出しました。

読売ジャイアンツのファンならば長嶋さんの背番号でしょうと

言うでしょうが、侍ジャパンの銅メダルを予見して「3」になったと

報じたメディアもあり、数字を書くのがやっとの状態から福岡ドーム

始球式で投球をバットに当てられるほどに奇跡的な回復を見せた

長嶋監督のことです。その神懸かり的な力で侍ジャパンの順位を

予想していたのではと筆者は思っています。

その侍ジャパンで長嶋監督と汗を流して、後に読売ジャイアンツ

長嶋監督の後輩となったのが谷佳知さんです。

オリックスブルーウェーブ時代から彼の紳士的な態度に関心して

いたのですが、大阪近鉄バファローズのファンの野次に

不満を漏らしていた彼が、球団合併以降は若手時代から

お世話になった仰木彬監督や新球団オリックスバファローズ

ファンのためにとオリックスバファローズの精神的な支柱となって、

読売ジャイアンツから古巣へ戻った際にはオリックスバファローズ

世界一愛する男と名乗ったことに異論はないし、その発言に

ファンとして嬉しく思いました。

その谷佳知選手が球団以上に愛情を注いだのが夫人の谷亮子さんです。

谷選手、亮子夫人ともに引退してしまったのは残念ですが、

東京オリンピックでの野球競技の復活が決まった以上、

野球、柔道と分野は違えど二人が指導者として現場に復帰し、

銅メダルではなく一番輝くメダルを目指す若い選手を熱く

指導してくれることを願っています。