mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

タクシーの日

お年寄りや足の悪い障がい者など、いわゆる交通弱者の貴重な

足であるタクシー。

筆者もかつては歩行が困難であり、寝たきりに近い状態の

ときもあったので、タクシーはライフラインの一つという

思いが強いし、路線バスや鉄道の便に恵まれない地域では

タクシーが頼りというところもあるでしょうね。

何故タクシーの話題かというと、明日は語呂合わせでタクシーの日なのです。

夏の選抜高校野球リオデジャネイロオリンピックの影に

隠れがちですが、鉄道や路線バスとともに、公共交通機関の

一翼を担うタクシーに思いを馳せて頂けたらと思います。

筆者のタクシーの思い出で印象深いのが、まだ障がい者手帳を手にする前、

足の痛みや手の震えに苦しむ筆者の様子を見かねた運転手が

さりげなく障がい者割引のスイッチを押してくれたことです。

本当はアンフェアかもしれないけれど、懐も心も暖かくなったような

気がしました。

筆者も救急車代わりにタクシーを利用したことがありますが、

救急車の不適切な利用が社会問題となって、その代わりという訳では

ないけれどタクシー会社も従業員にサービス介助士の資格を取得させたり、

福祉車両の導入にも力を入れていることを考えると、

119番を呼ぶ前にタクシーでは駄目かと考えることも

必要かもしれないですね。