mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

立場

某国の国家元首や、我が国の自治体の首長や国会議員が年甲斐も

なくポケモンGOに興じていたと聞いて、立場のある人間が、、、

と思った方もいるだろう。

だが、そんな騒ぎの最中に、少し前まで障がい者施設の職員という

立場にあった男が利用者を殺めるという凄惨な事件が神奈川県で

起きてしまい、障がい者手帳を持つ筆者も本当に胸が痛いし、

彼の重度障がい者は死ねばいいという趣旨の発言に憤ったり、

恐怖を感じた方もいるだろう。

だが、彼が衆議院議長公邸に押し掛けて主張したという

障がい者は保護者の同意を得て安楽死させろという発言は、

出生前診断と称してダウン症のリスクのある胎児を人工中絶させる

取り組みが現実に行われている以上、荒唐無稽と一蹴して

良いものかと考えさせられるし、障がい者、健常者の両方の

立場のわかる筆者にはどうしても引っかかるのだ。

率直に言うと筆者の父親も体が不自由になって、意志の疎通や

トイレもままならなくなり、世捨て人のようになった筆者を見て

一度でなく安楽死という言葉がよぎったというし、

家族の介護に疲弊している方や今回の障がい者施設のように

閉鎖空間といえる介護サービスの現場できつい労働を

強いられている方々も筆者の父親と同じ思いを持った経験が

あるという人もいるのではないだろうか。

完全とは言えないが、少しずつ健常者の立場に近づいてきた

今だから筆者もまわりにかけた苦労や障がい者が眼前から

去ればいいのにと思ってしまう介護者の苦悩も理解できるのだ。

だからと言ってむやみに障がい者はもちろん健常者も含め、

人間を無差別に殺める行為が許される訳ではない。

このように客観的に記事を書いている筆者も障がい者の立場であるが、

ジストニアという病気に罹患する前は五体満足であったし、

率直に言うと筆者の家族も含め、障がい者問題は対岸の世界のことの

ように思っていた部分がある。

だが、そんな立場から障がい者の立場に移ることになった筆者のように、

今回の凄惨な事件を起こした男も果たして健常者と言い切って良いのかと思う。

男には大麻の影響が指摘されているが、前述の衆議院議長公邸に

押し掛けた事案など、心身ともに健常な人間が起こすだろうかという

言動を過去に起こしており、彼もいつの間にか健常者から精神障がい者

立場に変わっていたのかもしれないと思う。

筆者もいつの間にか障がい者と言われる立場になったという感じがあるが、

出生前診断を考える妊婦の方やそのご家族の方、介護に苦悩されている

方々には障がい者と健常者は同じ人間であり、ほんのちょっとのきっかけで

その二つの立場を行ったり来たりする可能性が有りうるということを

一考願いたいと思う。