mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

銚子電鉄には武骨さが似合う

今年の冬に引退した、銚子電鉄の1000型電車。改めてその雄姿を

振り返ると、武骨さとか昭和の面影と言った言葉が良く似合い、

東京メトロ浅草線の開業当初の車両を思い起こさせる黄色の

塗装が良く似合い、福井鉄道高松琴平電鉄などにお輿入れした

筆者の地元の名古屋市営地下鉄東山線名城線名港線の車両が

黄色い塗装から塗り替えられてしまったことを惜しむとともに、

北アルプス号の思い出を残してという名鉄時代のファンの声に応え、

敢えて名鉄時代の塗装のまま名鉄キハ8500系気動車を自社線内や

野岩鉄道線、JR只見線の直通列車に使った福島県会津鉄道

配慮を今でも嬉しく思います。

さて、起点の銚子駅は風車などでアルプスの少女ハイジの世界の

ようにおめかししていますが、銚子電鉄のその他の駅や

名物の鯛焼きや濡れ煎餅はいい意味で昭和のレトロを

感じさせると思います。

沿線の方々は古めかしい駅舎より新しい駅舎、旧型車両より

新しい車両を望むのは理解できますが、前述の濡れ煎餅で

経営難を乗り切った銚子電鉄ですし、観光客の懐古趣味の

ようなニーズに応えるためにも、できる限り旧型車両や

味のある駅舎やホームを守っていってほしいと思います。

同じローカル私鉄の熊本電気鉄道にお輿入れした東京メトロ01型電車の

メタリックな感じはのんびりとした時間が流れる銚子電鉄には

似合わないと思うのです。

あくまで筆者の私見ですけどね。