mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ブルーハワイとEF64

今朝のテレビ番組で水色のシロップの掛かったかき氷を見た。

ブルーハワイというネーミングがぴったりする感じで、

この水色のシロップは食欲をそそられるが、

同じお菓子でも水色や青い色の板チョコはあまり見たことがない。

最近は抹茶の入ったチョコレートも人気があるけれど、

チョコレートというと昔から大抵ミルクチョコレートの焦げ茶色か、

ホワイトチョコレートの白という固定概念のようなものが

あるのかもしれない。

色の固定概念をいい意味でぶち破ったというとななつ星

ゆふいんの森で知られるJR九州鉄道車両の色やデザインの

概念を水戸岡鋭治というブレーンのもと覆したと言えると思う。

まだ非電化だった筑豊本線に赤い快速というネーミングで、

JR九州キハ200系気動車が文字通り真紅の塗装でデビューした当時は

その独特なネーミングと強烈なインパクトのある赤い塗装で

沿線の利用客や鉄道ファンにJR九州の存在を印象づけたと思う。

さて、この週末、JR東日本EF64型電気機関車を使ったイベント列車が

走ったという。

筆者の地元のJR東海ではリニア鉄道館に行かないと会えなくなって

しまった国鉄の旧型客車も味があったが、それ以上に中央西線

見慣れた青い色のJR貨物愛知機関区のEF64型電気機関車とは異質な

JR東日本EF64型電気機関車のチョコレート色の塗色が旧型客車に

見事にマッチして印象的だった。

ジョイフルトレインのスーパーエキスプレスレインボーの塗色に

合わせて国鉄EF81型電気機関車国鉄EF65型電気機関車

JR九州に負けない派手な赤を基調とした塗色を纏わせた

JR東日本である。

この際、JR東日本EF64型電気機関車にも同様な赤い塗色を

纏わせて、上越線を北上するカシオペアの牽引に当たらせてくれたらと思う。