mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

三江線も考えよう

地元自治体の支援で何度も赤字や災害による廃線の危機から

立ち直ったJR西日本三江線が現在またターニングポイントを

迎えているという。

同じように廃線の危機から立ち直った同社の福井県越美北線

JR東海名松線のように三江線も何とかならないかと思うが、

鉄道ファンの筆者でさえ見どころが直ぐに出てこないほどで、

秘境駅と言われる宇津井駅がやっと思いつく程度では

失礼ながら同じ陰陽連絡線のJR西日本木次線と比べて

見劣りすると言われても止むを得ないだろう。

木次線もかつて廃線の噂が一度でなく出たことがあるのに、

トロッコ列車の奥出雲おろち号に、松本清張砂の器の舞台で

出雲蕎麦の店がある亀嵩駅日帰り温泉に近い日登駅、

木次駅など鉄道に関心のない観光客にも興味を持って貰えそうな

スポットが幾つも出てくるのだ。

先に挙げた名松線しかり越美北線しかり津市の旧美杉村の

自然や越前大野市の史跡などが目当ての観光客の力で

再生できた側面もあるのだ。

名松線越美北線ともに沿線に温泉も湧いているのに三江線には

残念ながらいで湯はなく、たとえ日帰り温泉があったとしても

現状の限られた列車の本数では立ち寄り入浴も

難しいだろう。

このように観光客の誘致が難しい以上、三江線沿線の自治体は

補助金を出したばかりで廃線ではたまったものではないというなら

逆転の発想で何もないところを売りにして秘境駅とどうぞ

呼んでくださいというぐらいの気持ちになるべきだと思う。

JR東日本岩泉線秘境駅と名高かった旧押角駅目当ての

鉄道ファンで一時潤い、テレビ朝日系列の名古屋テレビ放送

通称メーテレがはるばる名古屋市から取材に訪れたほどの

騒ぎになったのだ。

名古屋テレビ放送の番組で旧押角駅で弾き語りをしていた

同局の人気番組、相棒で知られる六角精児の映像が強烈に

残っているが、この岩泉線秘境駅目当ての臨時列車を走らせた

JR東日本盛岡支社や飯田線秘境駅が集中していることに

目を付けて、田本駅は牛山隆信の秘境駅ランキングで何位、

和田駅は、、、などと謳ったリーフレットを本社のある

名古屋市周辺で配布し、JR東海373系電車を使った秘境駅

目当ての臨時急行を運行したJR東海の姿勢を三江線沿線の自治体は

一笑に付してしまうのでなく、三江線でも同じような取り組みが

できないか真剣に考えるべきだと思う。