mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ダイヤモンドクロス

ダイヤモンドクロスとは耳慣れない言葉ですが、簡単に言うと

鉄道の線路と線路が直角に交差している箇所のことで

現在も伊予鉄道の軌道線と鉄道線がダイヤモンドクロスしていて、

軌道線の路面電車が鉄道線の大きな車両を自動車と一緒に

やり過ごす珍しい光景が愛媛県松山市で日常的に見られます。

筆者の地元の愛知県名古屋市でも、名鉄築港線

名古屋臨海鉄道のダイヤモンドクロスが見られて、

名鉄名古屋市営地下鉄の新型車両の同じ愛知県の豊川市

日本車両製造の工場からJR貨物の機関車で甲種回送されてきて、

このダイヤモンドクロスを経て、名鉄築港線の貨物駅、

名電築港駅で名鉄に引き渡される光景が見られるのですが、

名鉄築港線名古屋臨海鉄道も本数が限られており、

伊予鉄道線のようにダイヤモンドクロスを列車が通る光景が

日常的とまでは言い切れません。

そんなダイヤモンドクロスですが、昭和の時代には関西にも

存在して、京都市内では京阪本線テレビカー、特急の

京阪3000系電車や叡山電車、当時は京福電車が懐かしい

京都市電と交差する光景が見られました。

印象深いのは阪急の阪急神戸線西宮北口駅にあったダイヤモンドクロスで、

当時は今津駅から宝塚駅まで直通運転していた阪急今津線が、

このダイヤモンドクロスで阪急神戸線を渡り越していたのです。

ところが国鉄東海道本線、いまのJR神戸線と対抗するための

阪急神戸線ダイヤ改正や現在の阪急西宮ガーデンズに繋がる

 西宮北口駅周辺の再開発でダイヤモンドクロスの維持が難しい状況に

なって、このダイヤモンドクロスは惜しまれつつ廃止となり、

直通運転が出来なくなった阪急今津線西宮北口駅今津駅方面と

宝塚駅方面に分断されることになりました。

あれから年月が経ち、西宮北口駅近くにあった阪急ブレーブス

本拠地の西宮スタジアムも過去のものとなり、今津線

今津駅で接続する阪神電車との経営統合や芦田愛菜が出演した

阪急電車というそのものズバリの映画の舞台になって何かと

注目を集めましたが、西宮北口のダイヤモンドクロスの思い出が

いつまでも沿線の方々の心の中に生き続けることを願っています。