mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

新幹線で最果ての湯へ

北陸新幹線安中榛名駅東北新幹線いわて沼宮内駅を凌ぎ、

我が国の新幹線の乗降客数で最下位争いをすると言われた

北海道新幹線奥津軽いまべつ駅と隣りの木古内駅

前者は在来線時代は本数や駅の周辺のシチュエーションから

秘境駅と言われても止むを得ないと思ったし、

後者にしても、木古内駅から東の在来線は道南いさりび鉄道

して残ったものの、木古内駅から分岐していた国鉄松前線と

JR北海道江差線の末端区間が廃止となり、駅の周囲は

奥津軽いまべつ駅より栄えているものの、これらの二つの駅の

将来は楽観視できないように思えた。

ところが地元の自治体は、国鉄で日本一の赤字路線であることを

逆に売り物にして、東京都の銀座で切符を売ったり、

お見合い列車を走らせるなど注目を集めた旧国鉄美幸線よろしく、

津軽海峡の本マグロや函館のイカなど豊富な海産物や地元の

自然や名所旧跡をアピールして、日本一小さい新幹線の駅のある

奥津軽いまべつ駅木古内駅に来てくださいと観光客の誘致に力を入れて

NHK総合テレビテレビ朝日北海道新幹線の開業を待たずに

取材に訪れるほどであった。

そんな奥津軽いまべつ駅からアクセスできる竜飛岬に温泉があるという。

坂本冬美津軽海峡冬景色のように竜飛岬には最果てのムードがあるし、

同じように本州の最果てと言われ、恐山も名高い青森県下北半島には

東北新幹線で行こうとすると新幹線が玄関口の青い森鉄道線野辺地駅

通らないために、八戸駅新青森駅から青い森鉄道線に揺られるか、

野辺地駅の代替と言える七戸十和田駅から車に揺られないと行けなく

なったために、北海道新幹線で手軽に行ける本州の最果てとしては

竜飛岬に軍配があがると思うし、最果てムードと温泉が同時に味わえれば

言うことなしではないか。

下北交通ディーゼルカーのエンジン音が消えて久しい下北半島

自治体にも竜飛岬や渡島地方に負けない観光客の招致に

期待したいところだ。