mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ばらばら駅

かつて宮城県のJR石巻駅は、仙石線石巻線の駅がばらばらに分かれており、

地元では前者を電車駅、後者を汽車駅と呼んで区別していたそうです。

現在では仙石線石巻線の駅が統合され、仙石東北ラインと石巻線の女川駅の

直通列車が走るなど駅が統合された効果が出ていますが、探せば

今でも同じ駅と言えるのに改札がばらばらな駅があります。

まずは九州新幹線筑後船小屋駅です。

この駅は同じJR九州鹿児島本線の同名の駅と連絡していますが、

改札は繋がっておらず、九州新幹線鹿児島本線の乗り換えには

一旦改札の外に出る必要があります。

西鉄天神大牟田線の終点であり、鹿児島本線リレーつばめも停車していた

福岡県大牟田市の玄関口、大牟田駅に出るにはパークアンドライド前提で

大牟田市中心部には限られた西鉄バスしかない新大牟田駅よりも、

この筑後船小屋駅で降りて、鹿児島本線の普通列車に乗り換えたほうが

便利なのですが、乗り換え駅の筈なのに在来線の改札が見えないと

初めての方は戸惑うでしょうし、旅の達人を自称する横見浩彦でさえ

ドキドキすると言っていたように、JRグループの規則では本来は途中下車

できない101キロ未満の近距離切符でこの駅の九州新幹線鹿児島本線

乗り換えようとすると不正乗車、いわゆるキセルと間違われないか

ヒヤヒヤするかもしれないですね。

次は北海道新幹線の開業前からJR東日本JR北海道の駅が同居していると

鉄道ファンには良く知られていた北海道新幹線奥津軽いまべつ駅

在来線時代は津軽今別駅JR東日本津軽線津軽二股駅です。

この二つの駅は前述の石巻駅や筑後船小屋駅のケースと違って

あくまで別々の駅の扱いであり、津軽線北海道新幹線

この駅で乗り換える通しの切符を買うのは在来線時代から不可能でしたが、

新青森駅まで戻らずに津軽線蟹田駅方面から北海道に渡るには

この駅で津軽線北海道新幹線を乗り継ぐほかなく、

青春18きっぷ利用者以外にも運賃、特急料金軽減の救済策が

取られないかと思います。

ここまではJRグループのちょっと変わったばらばら駅を紹介してきましたが、

私鉄で思いつく駅は案外少なく、すぐに出てくるのは近鉄

名駅と、かつては同じ近鉄の路線だった三岐鉄道北勢線西桑名駅

田原本線の両端に当たる新王寺駅西田原本駅と接続する近鉄生駒線

王寺駅近鉄橿原線田原本駅、今は京都市営地下鉄東西線に転換された

京阪電鉄京阪京津線の京津三条駅京阪本線三条駅ぐらいでしょうか。

このうち近鉄田原本線のケースは近鉄生駒線近鉄橿原線と連絡切符や

連絡定期券を買えるのが嬉しいところです。