mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

食楽列車

北海道新幹線の開業で数少なくなった食堂車連結の

ブルートレインだった北斗星やトワイライトエキスプレス、

カシオペアが走り去ったのにタイトルのような特集が

鉄道雑誌の特集になると聞いて一瞬疑問に思ったが、

何のことはなく、JR西日本七尾線IRいしかわ鉄道線の特急、

花嫁のれんや、NHK総合テレビ探検バクモンでも紹介された

JR九州の或る列車、そしてもはや説明不要の同じJR九州

水戸岡鋭治デザインのななつ星などフルコースからスイーツ、

酒の肴まで車内で味わえる列車を食楽列車と呼んでいるようで

なるほどと思った。

だが、ななつ星を引き合いに出すまでもなく、こうした列車は

食事付きという性格上、どうしても根が張るものが多い。

そんな中で三重県伊賀市近鉄大阪線伊賀神戸駅から上野市駅を経て

JR西日本関西本線伊賀上野駅に向かう伊賀鉄道線の

イベント列車に惹かれた。

日本テレビでドラマ化もされた高校生レストランのモデルになった

三重県相可高校の生徒が考案した駅弁か、同じ三重県

三重県立白鳳高校の生徒が考えたスイーツを味わいながら

伊賀市内の小さな旅を楽しめるのだが、前述のような

食楽列車」よりも手軽に車窓を肴にグルメを楽しめるのだ。

起点の伊賀神戸駅を通過するアーバンライナービスタカー

伊勢志摩ライナーなどの近鉄特急が多いことや、

わざわざ伊賀鉄道線に乗り継ぐよりも大阪市名古屋市から

伊賀市中心部に直行できる三重交通の高速バスを利用する人も

多いことから苦戦を強いられている伊賀鉄道だが、

この食楽列車をきっかけに巻き返しを期待したいところだ。