mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

守りたいんや、なにわの伝統

タイトルのようなキャッチフレーズとともに、

笑顔の仰木彬監督の写真が印象深いオリックスバファローズ

発足を知らせるポスターが貼り出されていた大阪環状線大正駅

あれから月日は流れ、大阪環状線改造計画と称して

大阪環状線JRゆめ咲線のリニューアルにJR西日本は着手し、

大正駅の隣の弁天町駅近くにあった交通科学博物館

梅小路蒸気機関車館と統合される形で京都市へ引っ越し、

JR西日本103系電車、JR西日本201系電車と、国鉄時代からの

車両が行き交っていた大阪環状線にもいよいよ新型の

JR西日本323系電車が走ることになり、関空快速紀州路快速

JR西日本225系電車、特急くろしおのJR西日本287系電車とともに、

国鉄民営化以降の車両が行き交うことになりそうです。

車両以外にも、桃谷駅に商業施設ができたり、大阪駅の

やしきたかじん天王寺駅和田アキ子など、ご当地ゆかりの

駅メロが楽しみに加わるなど、確かに大阪環状線が日進月歩で

変化しているのは事実といえましょう。

そんな大阪環状線でも、筆者が一番気になるのがやはり

冒頭で触れた大正駅です。

まずはこの大正駅周辺に沖縄県出身の方が多く住んでおり、

沖縄料理のお店や雑貨、食材を扱うお店を開かれている方もいて、

大阪市にいながら南国ムードに触れることができます。

もう一つはこの大正駅からタクシーでちょっと行ったところにある

こだわりの日本蕎麦のお店です。

大正駅から歩くのは距離があり、阪神なんば線や南海高野線

駅とも離れているのに、行列の絶えない盛況を見せているのは

仰木彬さんに負けじと、なにわの伝統を守ろうとする

ご主人の心意気だと思います。

蕎麦へのこだわりが強すぎて、店の空調まで気が回らなかったのか

盛夏でもエアコンなしで蕎麦をすすることになるのはご愛嬌ですね。

ここで蕎麦を堪能してから、本拠地の大阪ドームへ向かうファンも

前身の大阪近鉄バファローズ時代から存在したオリックスバファローズ

今年は苦しい戦いを強いられていますが、大阪市大阪環状線

変貌を遂げても、なにわの伝統を守り、蕎麦のように

末長くファンに愛されるチームになって欲しいものです。