mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

長い名前の駅

日本一短い名前の駅は、JRグループ、私鉄ともに、

三重県津市の玄関口、JR紀勢本線近鉄名古屋線伊勢鉄道線の

津駅であり、漢字でもひらがなでも一文字でひねりようが

ないですね。

ところが、長い名前の駅はJRグループよりも私鉄のほうが

面白そうなのです。

JRグループで一番長い名前の駅は上越線岩原スキー場前駅でしたが、

平成になり、スキー場側が費用を負担する形で、同じ新潟県

上越線上越国際スキー場前駅が開業し、ひらがな表記で

JRグループで日本一長い名前の駅になりました。

名前からしてスキーヤー向けの駅のようだけど、秘境駅どころか

周囲に民家も結構あって、スキーと関係ない季節や時間帯も

上越線の電車が止まるようになりました。

ただ引っかかるのが、この上越国際スキー場前駅北越急行

直通の列車が一切止まらないこと。

北陸新幹線の開業で北越急行のダイヤにも余裕ができたのだし、

かつてはスノーラビットで日本最速を誇った北越急行

電車が日本一長い名前の駅に停車すれば話題になると

思うのですがいかがでしょうか。

一方、私鉄の長い名前の駅は阿武隈急行やながわ希望の森公園前駅

鹿島臨海鉄道の長者ヶ浜はまなす潮騒公園前駅、

そして平成28年熊本地震からの1日も早い復旧が待たれる

南阿蘇鉄道南阿蘇水の生まれる里白水高原駅など、

話題作りを意識した意欲的な駅名が見られます。

阿武隈急行の駅では休日や夏休みに公園の中で蒸気機関車

乗ることができたり、話題作りのために地元の故事を引き合いに、

ありもしない長者ヶ浜という接頭語を付けた鹿島臨海鉄道の駅では

長い名前の駅名標と一緒にカメラに収まる楽しみもあります。

そして、南阿蘇鉄道の駅も、平成28年熊本地震による枯渇などが

懸念されますが、駅名通り名水に恵まれた土地であり、

透き通った湧き水を味わいたいものです。

島根県一畑電車に一時日本一長い駅名の座を奪われても、

再び日本一奪還に成功した南阿蘇鉄道のことです。

復旧、復興を諦めない沿線住民や鉄道ファンの気持ちに答え、

不死鳥のごとく復活を果たしてくれることでしょう。