mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

未成線

計画が立てられただけで、財政面で着工が難しかったり、

完成しても採算が取れるほど乗客が見込めないと

判断されて工事の中断や着工の断念に至ったいわゆる

未成線が北海道から九州まで日本の至るところに

存在します。

愛知県名古屋市国鉄南方貨物線もその一つで、国鉄

財政難で工事が中断されたまま再開されることはなく、

東海道本線の大高駅、笠寺駅の間で新幹線と見紛うばかりの

立派な高架が放置された状態で、無用の長物と揶揄されたり、

南海トラフ地震による倒壊を心配する声もありましたが、

高架下で商売をしている人がいたり、権利関係が複雑だったりで

昭和の万里の長城のような未成線の高架は手付かずのまま

異様な姿を晒し続けることになりました。

この貨物線が出来ていれば、東海道本線

名古屋臨海高速鉄道あおなみ線

貨物列車と旅客列車の分離や、

JR東海による中部国際空港アクセスの実現などメリットも

考えられただけに昭和の遺産に終わったのは残念なことです。

この路線が開業していたら、今は立派な高架複線を持て余している

東海交通事業城北線の姿も変わっていたかもしれません。

この名古屋市では、名古屋市営地下鉄桜通線桜本町駅から

名鉄常滑線との交点を経て名古屋港方面に、南部線という

計画線もあります。

最初の計画段階では、愛知高速交通リニモのような

新交通システムでの開業を想定していましたが、

前述の中部国際空港の完成や永年の課題である

名鉄名古屋駅の混雑緩和に寄与しようと

名鉄JR東海のような普通鉄道で開業させ、

名古屋市営地下鉄桜通線名鉄常滑線と直通運転させる

方針に転換されましたが、未だに未着工のままです。

リニア中央線新幹線の開業を控え、交通体系の変化が

予想される名古屋市周辺ですが、計画倒れのままの

路線が日の目を見るときがくればいいですね。