mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

球界にも鉄の掟を

ファンや他のメンバーに素っ気ない態度を取り、その言動が塩対応と

揶揄されることもあるAKB48島崎遥香

そんな彼女が、狩野英孝の女性スキャンダルを取り上げた番組で

珍しく感情を向き出しにしていたのが妙に印象に

残っている。

共演者のロンドンブーツ1号2号の田村淳は、自身も過去に

女性タレントと浮き名を流した経験があるからか、

旧知の狩野の女癖を相方の田村亮と司会を務める

テレビ朝日のロンドンハーツでネタにするぐらいで

狩野はああいう奴だと割り切っているのか

狩野を批判することはなかったのに、一方の島崎遥香

ふざけるなという感じで狩野を批判していたのだ。

これは男女の考え方の違いもあろうが、恋愛禁止の

鉄の掟の厳守が求められるAKB48の一員として、

自分は恋をしたい多感な時期を鉄の掟は絶対と

耐えて来たのに、六股なんて考えられないという

島崎の考えもあったと思う。

峯岸みなみが丸坊主になるなど、しばし物議を醸す

この鉄の掟だが、この掟のおかげで大所帯になった

AKB48グループの締め付けが効いて、結成から

10年以上を経てもファンに愛されるアイドルで

いられる側面もあると思う。

振り返って読売ジャイアンツ野球賭博問題、

清原和博元選手の覚醒剤事件、斎藤祐樹投手の

女性、金銭問題と不祥事が相次ぐプロ野球界だ。

野球しか知らず、清原和博氏のように薬物に負けたり、

斎藤祐樹投手のように甘い誘惑に負けたりする者や

それにつけ込む暴力団を含めたよからぬ輩がいるのは

由々しき問題であり、負の連鎖を断ち切らないと

こうした問題の再発や引退後のセカンドキャリアの

問題が解決しないことが懸念される。

そこで提案だが、プロ野球界もAKB48にならい、不純交際禁止の

鉄の掟を作ったらどうだろう。

具体的には、25歳以下の若いメンバーが多いAKB48を参考に

25歳以下のプロ野球選手は女性アナウンサーや女性タレントとの

交際を禁止とし、キャバクラや風俗店への入店も御法度とするのだ。

厳しいと言われそうだが、姉妹グループを入れれば数えきれないほど

メンバーが存在するAKB48はちゃんと鉄の掟を守って第一線に

君臨し続けているのだし、分別のつかない若い選手が夜の世界に

足を踏み入れなければ、暴力団覚醒剤の売人と交わる

リスクも軽減されるだろうし、女性アナウンサーやタレントも

選手たちが鉄の掟を守ってくれれば変な誤解を恐れて

取材の際に萎縮することもなくなるし、球場にも

足を向けやすくなり、テレビ局や芸能事務所も野球界に

気兼ねがなくなり、何より女性アナウンサーらが

色眼鏡で見られることが無くなるのではないか。

別にこの鉄の掟は芸能界や風俗業と無縁な一般女性との

交際まで禁止している訳ではないし、晩婚化が叫ばれ、

結婚に執着心を持たない若者も少なくない現在、

25歳から恋人を探しても遅くはなかろう。

日本プロ野球選手会には、コリジョンルールやWBC開催による

来期の開幕延期問題など権利の主張ばかりでなく、

本当にファンのことを思っているなら前述の球界版の

鉄の掟の導入を真剣に考えて欲しいと思うし、

野球賭博問題の再発防止のため設けられた日本野球機構

外部委員会に、張本勲氏だけでなく、大相撲の野球賭博問題や

時津風部屋の力士暴行死事件の再発防止に尽力した

横浜DeNAベイスターズファンのやくみつる氏や、

デーモン小暮閣下、そして鉄の掟の生みの親の

秋元康氏を加えることをトップである熊崎勝彦

コミッショナーに提案したい。

もうこれ以上東京オリンピックでの野球、ソフトボールの復活に

横槍を入れるような不祥事は避けねばならないのだから。