mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

予土線からそのまんま東へ

タイトルは半家駅の読みが話題となったJR四国予土線と、

この予土線や後に触れるJR北海道留萌本線のように

廃止問題に晒された宮崎県の高千穂鉄道の復旧に

県知事時代に取り組み、おでこの広いことをたけし軍団時代から

売り物にしていた東国原英夫氏の芸名を掛けてみました。

この半家駅から早速、東に向けて旅立ってみましょう。

先ずはスタートの半家駅です。海洋堂ホビートレインや

国鉄0系電車を模した気動車など予土線が脚光を浴びる中、

この駅は国鉄時代と変わらない静かな佇まいを保っているのが

嬉しい限りです。

この駅の読みは「はげえき」ですが、富山県の平村のように

この地には平家の落人伝説があり、源氏の勢力から逃げ延びた

平氏の人間が、身を奴すために平という字を崩して

平家転じて半家としたという説もあり、歴史ロマンも

感じさせる駅なのです。

お次は銚子電鉄の坂上黒生駅。この駅も知らないとはげと一発で

読めない半家駅と同様、さかがみくろはええきとは

なかなか読めないでしょう。

この坂上黒生駅は駅名をもじって「毛髪黒生」駅と名乗り

首都圏の観光客にアピールしています。

ただの言葉遊びか、以前も触れた北海道の旧国鉄広尾線幸福駅

愛国駅のように記念入場券を売りたいのではと言われそうですが、

駅のネーミングライツで話題になった同じ千葉県のいすみ鉄道

影響か、育毛剤の会社とタイアップしたあたり、銚子電鉄

本気度が伺えます。

そこまで本気ならば、以前に地元の千葉ロッテマリーンズ

同じパリーグオリックスバファローズで活躍した

小林雅英さんをサポーターに迎えたことのある

銚子電鉄ですし、人気者に便乗と言われても良いので、

薄毛をネタにするトレンディエンジェルをこの駅の

名誉駅長に迎えてはと思うのですが如何でしょうね。

最後は末端区間の廃止問題に揺れるJR北海道留萌本線

増毛駅です。

北海道新幹線ができたことで逆にJR北海道の経営が苦しくなり、

並行在来線となるJR江差線道南いさりび鉄道線への移譲や

利用客がないに等しかった所謂秘境駅の整理を余儀なく

されたのは複雑ながら仕方ないと思う気持ちがあるものの、

北海道新幹線とは殆ど関係なく、過去帳入りした

国鉄名寄本線同様、本線とつくのに留萌本線廃線

現実味を帯びる事態になってしまったことは

残念だし、濡れ煎餅の通信販売で廃線の危機を

乗り越えた前述の銚子電鉄のように、この留萌本線

何とかならないかという思いです。

さて、この増毛駅は無人駅ながら、その字面から硬券入場券が

髪の毛が生えるお守りとして話題を呼びヒットした

ことがあります。

これにあやかって、この増毛駅から道東の大楽毛駅まで

ゲン担ぎと称してひたすらJR北海道の列車を乗り継いだ

薄毛のライターもいます。

最後に、かつては高倉健主演の映画の舞台にもなった

この増毛駅で触れておきたいのは、駅前のトイレを

暗がりの中一心不乱に清掃していた若い女性の存在です。

廃線の話が出るほど利用の少ないこの増毛駅のために

仕事かボランティアかはわからないけれど

快適な駅作りに取り組んでいたこの女性には

頭が下がる思いで、高倉健さんや今の北海道のスター、

大谷翔平投手やタレントの大泉洋のように

脚光を浴びることは無くても、NHK紅白歌合戦でも

歌われた植村花菜トイレの神様のように、この

増毛駅の女性も幸せを手にしていることを願っています。