mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

需要は少ないが

筆者も持っている、名古屋市交通局障がい者向けの

福祉乗車券と、お年寄り向けの同交通局の敬老パスが

名鉄名古屋市交通局が導入しているICカード乗車券、

manacaに順次切り替わるという。

神戸市交通局などは、早い段階で磁気カードよりも

長い目で見ればコストの削減となるICカードPiTaPa

前述のような福祉乗車券を早々に切り替えていたので、

名古屋市の対応はむしろ遅いぐらいに思えるが、

その名古屋市でもJR東海ICカードTOICAが導入されたときは

得にならないどころかデポジットと称する預かり金を取られて

馬鹿馬鹿しいとか、当時から東海道新幹線名古屋駅前に

出店していたビックカメラのクレジットカードと

紐付けることのできるJR東日本Suicaのほうが

良いという人がいてなかなか普及に手間取った。

前述のmanacaにしても、従前の磁気カード、トランパス

ほうが使いやすく、電子マネー機能をあまり使わない人には

そちらの方が得だという意見が少なくなく、名古屋市交通局

名鉄が販売を終えても、トランパスが自動改札や路線バスの

運賃箱で利用できる間は、客から買い取ったトランパス

商品券や新幹線の回数券と同じように販売していた

名古屋市内の金券ショップもあった。

近鉄傘下のため、もしICカード乗車券を導入するなら

PiTaPaにすると関係者が発言していた三重交通が、

実際は自社独自のICカードを導入したように、

前述のビックカメラSuicaのようにクレジットカードと

紐付けるのが原則で、電子マネー機能のSuicaICOCAとの

相互利用が出来ないPiTaPaは交通事業者にも利用者にも

敬遠されがちで、前述の神戸市交通局京阪電鉄近鉄のように

ポイントやプレミアは無くても相互利用ができ、クレジットカードも

不要なICOCAPiTaPaと合わせて販売する交通事業者がいるのも

無理はないような気がする。

そんな関西圏でも、パスネットの首都圏、前述の名古屋圏に

遅れを取る形になったが、ようやくスルっとKANSAI協議会加盟の

大半の事業者で磁気カードの販売が停止されるという。

ところが、阪急阪神ホールディングス傘下の阪急電鉄阪神電鉄などの

四社は、カードの名前と効力を変えて磁気カードの販売を続けるという。

全部ICカードで統一したら楽だと思うかもしれないが、

使い慣れた磁気カードのほうがいいと思う人や、

クレジットカードと紐付かないICOCAでも、チャージや

デポジットの意味が分からないからそんな面倒なものより

磁気カードのほうが良いと思う人も存在し、

少ない需要に着目し、記念乗車券のように磁気カードを収集する

コレクターの存在も考慮したであろう阪急電鉄には、

さすが阪急千里線に日本初の自動改札機を導入した会社だと

拍手を送りたい。