mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

開拓使

明治時代、北海道の開拓のために置かれた開拓使制度。

開拓使として未開の北の大地に赴いた人たちの中には

国鉄石北本線の開通を追い風に農業や酪農で

成功を収めた人もいたけれど、大半が貧しく過酷な

暮らしを強いられたといいます。

そんな開拓使ゆかりの開拓使号という客車の内部が、

さいたま市鉄道博物館で公開されるといいます。

電車目当てに鉄道博物館を訪れる子供たちの、

親御さんはおろかおじいさんおばあさんでも

北海道開拓の歴史を正しく理解しているだろうかという

思いがありますが、人気を博したNHK大阪放送局制作の

連続テレビ小説、あさが来たで北海道開拓のことが

言及されたし、北海道新幹線の開業や

北海道日本ハムファイターズ所属の大谷翔平投手の

活躍で北海道が脚光を浴びているいい機会ですし、

鉄道博物館を訪れた1人でも多くの方が

開拓使の苦悩に思いを馳せてくれたらと思います。

欲を言えば、ロシアに漂流しその後無事に帰国を果たして

映画化もされた大黒屋光太夫や、北海道の名付け親の

松浦武四郎にも思いを馳せてもらえたらというのが

彼らの故郷である三重県にゆかりのある筆者の

願いであります。