mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

オリックスの鈴木

オリックスの鈴木と言えば、大半の人が今や生ける伝説と

なったイチロー、本名鈴木一朗選手を思い浮かべるだろう。

だがイチロー選手がかつて在籍したオリックスブルーウェーブ

後進球団、オリックスバファローズにも鈴木姓のルーキー、

鈴木昴平選手が在籍し、昨日の埼玉西武ライオンズ戦で

プロ入り初ヒットを放ったということを述べておきたい。

この2人の鈴木姓の選手には、同姓という以外にも

不思議な因縁があるのだ。

先ずはイチロー選手も鈴木昴平選手もアマチュア時代は

無名に近く、ドラフト会議で下位指名で這い上がったこと、

そして鈴木昴平選手は社会人野球時代にYS−11以来の

国産旅客機として注目を集めるMRJを製造する

三菱重工名古屋に在籍しており、そのMRJの試験の

拠点がイチロー選手の故郷、愛知県豊山町にある

県営名古屋空港であるということだ。

松坂大輔涌井秀章らが背負った埼玉西武ライオンズ

背番号18や、松井秀喜が日本プロ野球時代に背負った

読売ジャイアンツの背番号55を現在付けている選手達が

背番号のプレッシャーに負けていないかと指摘する声があるが、

鈴木昴平選手には谷佳知が付けていたオリックスバファローズ

背番号10を、オリックスバファローズの10番は自分だと言われる

ようにしたいと公言し、有言実行とばかりに現在も

東京ヤクルトスワローズで活躍する先輩の大引啓次選手に

負けないように、オリックスの鈴木は鈴木昴平だという

活躍を見せて低迷するチームの救世主となり、

将来は堂々と背番号51を背負ってMRJのごとく

世界に羽ばたいて欲しいと思う。