mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

機械は無機質か

JRグループや私鉄の自動券売機よりも、昔の手売りの硬券のほうが

情があったとか、LINEのようなオンライン上の付き合いよりも

手書きの手紙のほうが暖かみがあるよといった指摘は

張本勲のような感情論に過ぎないとは思わないし、

もっともな指摘だと思う。

歩きスマホで歩行者や自動車、電車とぶつかる若者が社会問題に

なって、警察や鉄道会社が対策に頭を抱えているのも事実である。

だが、システム開発の世界に身を置いていたものとして

機械は無機質という指摘には反論させていただきたい。

先にLINE、スマホと、携帯電話が悪のように書いたが、

携帯電話を快く思わない人たちに、携帯電話が出てくる

童話の一節をお聞き頂きたいと思う。

不注意で少年が落としたスマートフォンに向かって、

亡くなったお母さんの声が聞こえるのではないかと

公園で暮らす仔猫が、仲間の野良猫たちと必死に

画面をタップしてみゃあみゃあと呼びかけるのだ。

母親が交通事故で命を落としたことを理解していない仔猫を

不憫に思った少年とその母親が、江戸屋猫八のごとく

仔猫のスマートフォンに向かって必死で猫の鳴き真似をして、

仔猫を安心させてあげて、その様子を目の当たりにしたことで

スマートフォンを無くしたことで険悪になっていた少年と

母親のわだかまりも解けたというものだ。

こういう心暖まる逸話を聞いても、まだ機械は無機質と

言われるだろうか。

だが、iPhoneのスティーブジョブスや彼の友人の孫正義

福岡ソフトバンクホークスオーナーが情に熱い人間で

あることや、東京都のゆりかもめ、愛知県長久手市

愛知高速交通リニモ兵庫県神戸市のポートライナー

ように無人運転の列車にも影で必死に乗客の安全を守っている人、

そしてシステム開発の分野でも自分の心身や家庭を犠牲に

してまで必死に日夜働く人間がいることを忘れては

ならないと思う。

システム開発会社がブラック企業であった為にジストニアという

病気を発症し多くのものを失った自分だが、深夜残業の

陣中見舞いと称して差し出されたセブンイレブン

デイリーヤマザキのサンドウィッチが美味しかったことを

覚えているし、会社が100%無機質かと言われると違うと思うし

心の何処かで会社を恨めない部分があるのだ。

障がい者になって喪ったものも大きかったが、有形無形の

大きなものを得たように思うし、これからは自分の過去と

向き合いつつ、前に進んで行きたいとおもう。