mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

幸せ運べるように

響き渡れ僕たちの歌

生まれ変わる神戸の街に

幸せ運べるように

阪神淡路大震災で犠牲になられた方々を追悼し、

がんばろう神戸の精神で立ち上がろうとする兵庫県神戸市の

子どもたちに歌い継がれている自分も大好きな歌です。

がんばろう神戸を引き継いだオリックスバファローズには

神戸市のほっともっとフィールド神戸の試合だけでも

ラッキー7の攻撃の前にこの歌を流して欲しいと思っています。

最初の歌が神戸を福島、熊本に変えて他所でも歌われることに

なったのは複雑だけど、傷ついた街を元の姿に戻そう、

亡くなった方々の分も懸命に生きて行こうという

この歌のメッセージが全国に伝わるのは決して悪いことでは

ないと思います。

福良淳一監督以下オリックスバファローズの選手たちも、

平井正文、中嶋聡坂口智隆ら当時を知る選手が引退や移籍で

退団しても、決してがんばろう神戸を忘れず、

阪神淡路大震災を風化させないという強い決意で

戦い抜いて欲しいと思います。

昨日の七夕に合わせ、そんな神戸市の子どもたちの願いを込めた

短冊を載せた七夕列車と称するイベント列車が、

ほっともっとフィールド神戸の目の前を通る

神戸市営地下鉄で走ったそうです。

身内が阪神淡路大震災で被災した子どもたちや、

震災の後に親が神戸市に引っ越してきた子どもも

いるだろうけど、天国の仰木彬監督も、ほっともっとフィールド神戸

試合が減っても伊藤光、中島宏之やオリックスバファローズ

人気選手や球団マスコットのバファローブルバファローベル

写真やイラストを纏った列車を走らせてくれている

神戸市交通局北神急行電鉄に感謝するとともに、

がんばろう神戸の象徴だった愛弟子のイチロー選手を目標に

プロ野球選手になりたいと書いた愛しい神戸市の子どもたちを

優しい目で見つめていることでしょう。