mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

サロンカーなにわ

先日、JR西日本東海道本線彦根駅から山陽本線瀬戸大橋線経由で

JR西日本のサロンカーなにわを使った団体臨時列車が走ったそうです。

滋賀県の湖北、彦根城ひこにゃんで有名な彦根市彦根駅から

讃岐うどんの本場、香川県高松市まで昼間の在来線をロングランする

この列車の運行経路に先ずは興味を惹かれました。

ニコニコ超会議号のようにルートや車両の面白さを味わう列車でも

なければ、鉄道ファン向けの列車という感じでもなかったからです。

でも考えてみれば、彦根市に近い米原市東海道新幹線米原駅から、

四国方面への乗り換え駅となる山陽新幹線岡山駅に行こうとすると、

直通列車はごく僅かなひかりしかなく、京都駅か新大阪駅

のぞみ、みずほ、ひかり、ひかりレールスター、さくら、こだまと

山陽方面への列車に乗り換えを強いられることを考えたら

時間は掛かっても乗り換えの手間がない在来線で四国へ向かおうと

いうのも理解できます。

もう一つ印象に残ったサロンカーなにわと同系色と言える

JR西日本EF65型電気機関車北海道新幹線の開業で

惜しまれつつ定期運行から引退したトワイライトエクスプレス

塗色を纏って颯爽と昼間の山陽路を駆け抜ける姿に

統一美のようなものを感じたことです。

トワイライトエクスプレスもサロンカーなにわも深緑という

感じだけれど、沿線の風景によくマッチしていて、

どちらも先輩の国鉄マイテ49型客車や後輩格のJR九州

ななつ星に負けないぐらいに名列車と呼ばれたのも

納得できるし、サロンカーなにわも引退のときが来たら

是非とも山口線SLやまぐち号でコンビを組んだ貴婦人こと

JR西日本C57型蒸気機関車や、トワイライトエクスプレスの待つ

京都鉄道博物館で大切に保存して欲しいと思います。