mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

富士山

さくらは九州新幹線はやぶさ東北新幹線北海道新幹線

愛称になったのに、同じ九州へ向かうブルートレインの仲間だった

富士は新幹線の愛称にならずに消滅してしまったのが

残念な気がします。

でも、冷静に考えてみたら、もし富士という愛称を付けた新幹線を

走らすなら、現状では東海道新幹線しか適当な路線がなく、

利用客に定着した、のぞみ、ひかり、こだまの愛称を今更変える

訳にも行かないので、富士、ふじという新幹線の登場は

富士山を望む山梨県を通るリニア中央新幹線の開業まで

お楽しみということになりそうですね。

そのリニア中央新幹線が実用化を目指して実験に取り組む

実験線を沿線に持ち、富士山が綺麗に望める富士急行線に、

JR東日本189系電車の臨時快速が、富士急行富士山駅

開業5周年を祝って走ったそうです。

国鉄色JR東日本189系電車の勇姿に身震いしたといいたい

ところですが、イラストもなく、ただ臨時とだけ書かれた

ヘッドマークに複雑なような、物足りないような思いが

しました。

せっかくの富士山駅のお祝いだし、富士山がユネスコ世界文化遺産

登録されたのだから、富士山のイラスト入りのヘッドマーク

用意できなかったのかと思います。

JRグループヘッドマークの掲出を嫌がるようになったのは、

一部の心無い鉄道マニアがヘッドマークを盗難し、

ネットオークションなどで転売したりしたのも一因であり、

鉄道ファン全体が自戒すべきなのは事実ですが、

同じJR東日本でも先日の同じ国鉄色の特急型電車、

JR東日本485系電車の引退の時には懐かしい国鉄時代の

ヘッドマークを何種類も掲出する力の入れようだったのに、

今回の富士急行線への直通快速については塩対応と

言われても仕方ないと思います。

国鉄色の特急型車両を使ったJR東日本の臨時列車については

今回のようにヘッドマークが味気ないと鉄道雑誌でも

指摘されたことがあったし、種村直樹JR東日本583系電車を

使った東北新幹線の延伸記念の列車が、国鉄色はいいけれど

デッキのゴミ箱のゴミが溢れたままの醜態を晒すぐらいなら、

無理矢理臨時列車など走らすなと苦言を呈しています。

鉄道ファン以外には富士急ハイランドや、橋本聖子

冬季五輪のメダリストを輩出したスケート部のイメージが

強い富士急行だけれど、本業は鉄道だとアピールするいい機会

だったのですから、富士急行JR東日本の両社には

もう少し乗客の思い出に残り、メディアで話題になるような

対応ができなかったのかと思います。