mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

特別急行

京都府大阪府を走る京阪電鉄が、今春のダイヤ改正で急行列車の

運転を取りやめ、特急に統合したという。

北海道新幹線の開業で急行はまなすが廃止され、JRグループから

急行列車が消えたところに私鉄も追随して急行列車を廃止するのか

という鉄道ファンもいそうだし、永年愛された急行列車を廃止するとは

京阪電鉄も思い切った決断をしたと思ったが、考えてみれば関西地方では

アーバンライナービスタカー伊勢志摩ライナーに代表される有料特急を

運行する近鉄を除き、阪急電鉄阪神電鉄山陽電鉄など

料金の要らない特急列車を走らせている会社が多く、

京阪電鉄優等列車が特急列車だけになっても、

沿線の利用客にはさほど抵抗がないのかもしれない。

ところで、ここまで当たり前のように特急と書いてきたが、

特急は特別急行の略である。

先のはまなすを運行していたJR北海道特別急行スーパー北斗

特別急行スーパーカムイのように特急ではなく特別急行

駅のアナウンスなどで表現していたのが独特であったが、

特別の付かない普通急行のはまなすと区別するために

特別急行と呼称していたのだろうかとか、他の意図があったのかとか、

はまなすの廃止された現在も特別急行と呼称しているのかとか

疑問や興味は尽きないものである。

これも北海道独特かもしれないが、北海道中央バスなどの長距離バスが

高速はこだて号、高速とまこまい号のように高速道路を経由する便に

高速という接頭語を付けていることも興味深い。

一般道しか通らない長距離バスは特急何とか号、快速何とか号の

ように特急や快速という接頭語が付いていることもあり、

前述のJR北海道の例と考え合わせると広い北海道では、

新幹線や高速道路の整備が不十分な地域もあるので、

特急や高速道路はステータスというのはオーバーだけれど、

道民にとって文字通り特別な存在なのは間違いないと思った。