mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

幻のダブルデッカー

常磐線を中心に活躍してきた、JR東日本415系電車が、老朽化もあって

引退へのカウントダウンに入ったという。

筆者の地元を走る、JR東海211系電車はロングシートの強みを活かし

まだまだ現役で頑張っているのに、外観のよく似たJR東日本415系電車の

引退の話に、国鉄分割民営化からの時の流れを実感するとともに、

415系電車の引退は寂しいけれど、北部では依然として

東京電力福島第一原発事故が暗い影を落としているものの、

南部では上野東京ライン経由で東海道本線東海道新幹線の品川駅方面

への常磐線からの直通運転が始まり、JR東海300系新幹線電車の看板に

常磐線東海道新幹線の接続改善をと訴えていた茨城県の方々の

努力が実ったことを喜ばしいと思うとともに、その茨城県

有村架純主演のNHK総合テレビ連続テレビ小説の舞台に決まった

ことから益々の常磐線の発展と1日も早い上野駅岩沼駅間の

復旧を願ってやまない。

さて、JR東日本415系電車には、たった一両だけ二階建て車両の試作車が

存在し、時刻表に注意書きもなく、グリーン車や指定席でもなかったので

どの列車が二階建てなのか判別も難しかったが、運良く乗れたファンは

ラッキーという感じで、東海道山陽新幹線ドクターイエローのように

ラッキーな車両という目で見られていた。

だが、二階建て車両は狭さが嫌われたり乗降に時間がかかると増備には

至らずに、二階建ての415系は幻の如く走り去ってしまったのが

惜しまれる。

今回の引退報道を機会に、幻の二階建て車両を思い出してくれる人が

1人でもいればいいと思う。