mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

くまの

熊野と聞いて東海地方、関西地方の方はJR紀勢本線沿線の三重県熊野市や

ユネスコ世界文化遺産熊野古道を想起するかもしれません。

特に東海地方では、鬼ヶ城などの景勝地やパワースポットをアピールする

三重県熊野市のCMが流れていたので、見聞きしただけではなく、

実際に熊野市や熊野古道を訪れた方も見えるでしょう。

過疎化や財政難の伝えられていた三重県熊野市が、テレビのCMという

積極的な広報活動に出たのも意外でしたが、

近畿自動車道の勢和多気ジャンクション

からの南への延伸で愛知県名古屋市方面からマイカーや三重交通の高速バスで

速く着けるようになったとアピールして観光客を誘致したいのでしょうね。

熊野古道と言えば、国鉄時代に出雲と国鉄名古屋駅まで併結する形で

東海道本線紀勢本線経由で東京駅と和歌山県紀伊勝浦駅を結んでいた

ブルートレイン紀伊が思い出されますが、三重交通の夜行バスが東京都と

三重県の南部、和歌山県新宮市を結んで、今もこの伝統の名列車のDNAを

受け継いでいるのは嬉しい限りです。

さて、この夜行バスや前述のブルートレイン紀伊が目指す和歌山県の南部は

書道の硯の特産地であります。

那智黒石という言葉を聞いたことのある方も見えるでしょうし、

この那智黒石を模した飴玉を食したり見かけた方も見えるでしょうね。

書道と言えば筆も欠かせないですが、女子サッカー日本代表

国民栄誉賞を受賞した際に副賞に贈られ有名になった熊野筆の産地は、

広島県熊野町です。

熊野筆という名前ばかり先行して、熊野町ってどこという他府県の方も

少なくないと見え、熊野町では熊野筆を模したゆるキャラを作るなど

三重の熊野市に負けず劣らずに観光客の誘致に熱心なようです。

ゆるキャラと言えば、三重県の熊野市も熊野古道をもじって熊の鼓動という

キャッチフレーズと熊を模したゆるキャラを作ったこともありましたが、

同じ熊の字が付く熊本県くまモンが有名になり過ぎて

こうしたキャンペーンはいつの間にか沙汰止みになりました。

三重県熊野市と広島県熊野町、高速道路や山陽新幹線

近鉄特急や紀勢本線の特急くろしお、南紀を使えば、大阪市からの

所要時間は大差ないし、同じ熊野なのだし、関西圏からの

観光キャンペーンを共同で行ってはいかがかと思います。