mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

西日本の妖怪トロッコ

石川県ののと鉄道線が、夜間で街灯や車の灯りも少なく景色が見えないことを

逆手にとって、乗客のスリルを煽るような妖怪列車と称する臨時列車を

走らせたという。

駅の跨線橋の上で北陸新幹線の開業で増加が見込まれる観光客向けに、

焼き牡蠣パーティを開き、普段は牡蠣の焼き番とは縁遠い男性社員が

苦笑しながら牡蠣と格闘しているのが微笑ましいと思った

のと鉄道だが、焼き牡蠣に引けを取らないユニークなアイデア

驚かされる。

輪島駅、蛸島駅方面の路線が廃止になっても北陸新幹線効果を追い風に

健気に頑張るのと鉄道にエールを送りたいが、北陸新幹線といえば、

富山県黒部宇奈月温泉駅から有名な黒部峡谷鉄道トロッコ列車に、

富山地方鉄道でアクセスできる。

この黒部渓谷鉄道こそ、沿線で働く人以外は殆ど観光客ばかりで、

のと鉄道以上に人口気薄な地域を走るため、日没後はそれこそ

闇の中で、トロッコ列車の指定券が日没後の列車しか空いてないですが、

これでは景色は望めないですよと旅行代理店の社員が気まずそうに

答えていたという笑うに笑えない逸話もある。

そこで提案だが、この黒部渓谷鉄道にものと鉄道のような妖怪

トロッコ列車を走らせて、北陸新幹線で2社の妖怪列車を周ろうと

キャンペーンやスタンプラリーなどを実施してはどうだろう。

テレビ東京のアニメ、妖怪ウォッチが人気のこともあり、家族連れや

夏休みの子どもたちに、一風変わった体験としてアピールできる

ことは請け合いである。

 もちろん北陸新幹線を運行するJR西日本も負けていられないだろう。

国鉄山陰本線の線路を運行する子会社の京都市嵯峨野観光鉄道に、

夕涼みとスリルを味わうためのトロッコを走らせたら人気が

出そうだし、妖怪の生き字引で知られた水木しげるの故郷、山陰にも

奥出雲おろち号が名高い木次線や、秘境駅の宝庫三江線、そして水木の

故郷を走る境線など、妖怪トロッコに打ってつけの路線が

揃っているではないか。