mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

東北新幹線の戸の駅めぐり

東北地方には、青森県八戸市岩手県二戸町など「戸」の付く地名が多く、

東北新幹線にもそうした「戸」の付く駅が3つあります。

先ずは「戸」の付く東北新幹線の駅で一番北の七戸十和田駅

新函館北斗駅筑後船小屋駅のように地名を重ねた駅名はイマイチと

いう人もいるけれど、この七戸十和田駅は、有名な十和田湖

鉄道ファンには南部縦貫鉄道レールバスの思い出の詰まった

七戸の地名が入っているため、個人的にはしっくりくるし、

旅情を感じさせる駅名だと思います。

駅ができた時には通過する列車も多かったJR東日本E5系電車、

JR北海道H5系電車のはやぶさが一部止まるようになったし、

新幹線が伸びた北海道に観光客を奪われないように、

地元は十和田湖はじめ、景勝地や観光地のアピールに

力を入れて欲しいと思います。

次は東北新幹線盛岡駅から北に伸びたとき仮の終点だった八戸駅

当時は主力だったJR東日本E2系電車が前述のJR東日本E5系電車に

主役を譲る形で盛岡駅以北になかなか入線しなくなったのも

時代の流れですね。

この八戸駅は、新幹線の駅というイメージから、八戸市の中心部という

イメージを持たれがちだけれど、本当は八戸駅で連絡している八戸線

本八戸駅が市街地に近いのです。

東日本大震災の教訓から津波対策に力を入れている八戸線ですが、

何事もなければ、陸奥湾は綺麗なもので、そうした海辺の景色を

目当てに八戸線にも観光列車が走るようになりました。

そうした八戸線が向かうのが三陸鉄道北リアス線と連絡する久慈駅

この久慈駅からはこれまた「戸」の字が付く岩手県の二戸駅に

アクセスできます。

二戸駅に止まるはやぶさが限られるのが残念だけれど、IGRいわて銀河鉄道線で

停車する新幹線の多い盛岡駅に向かうこともできるし、

八戸駅から久慈市周りで太平洋に親しむ回遊コースも良さそうですね。