mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

盛岡から北へ

今春開業した北海道新幹線のダイヤを見て、正直大都市とは言いがたい

奥津軽いまべつ駅木古内駅の両駅に、東海道新幹線でいう

のぞみ号に相当するはやぶさ号が思ったより止まるのだなという

感想を持った。

在来線時代のJR北海道789系の特急スーパー白鳥津軽線蟹田駅、

江差線木古内駅に原則すべて停車していたので、その後継となる

北海道新幹線青函トンネルを挟む前述の2駅にそれなりには止まると

思ったが、最速のはやぶさ号が僅か1往復になってしまったことや、

はやぶさ号の停車に地元が沸いているのは喜ばしいけれど、

東北新幹線盛岡駅以北でははやてもはやぶさも最高速度が

時速260キロに抑えられているし、その上停車駅もあまり変わらないのでは

はやてもはやぶさも五十歩百歩なのに、何ではやぶさ号は盛岡駅以北も

特別料金がかかるのか、時間帯によっては安いはやてが走っておらず、

好むと好まざるに関わらずはやぶさ号を利用せざるを得ない状況を

改善して欲しいといった声が聞かれるのではないかと思う。

前述の最速のはやぶさ号が東京駅、新函館北斗駅の間に4時間以上かかるのは

青函トンネルで貨物列車と線路を共用しているためスピードが出せないと

指摘したメディアもあったが、はやぶさ号に使われているJR北海道H5系電車、

JR東日本E5系電車共々世界最速と言われる最高時速320キロを出せる能力が

あり、盛岡駅以北の地上設備も320キロ運転に大きな支障はない筈なので、

青函トンネルを挟む奥津軽いまべつ駅木古内駅の間を除いた区間で、

はやぶさ号だけでも時速320キロ運転ができれば、航空機との対抗上

指摘される東京駅、新函館北斗駅の間の所要時間が最速4時間を切ることが

できた筈だ。

そうした時速320キロ運転ができず、当面盛岡駅以北で現状のようなダイヤが

続くなら、博多駅鹿児島中央駅間の自社線内のみの乗車なら、

のぞみ号に相当する九州新幹線のみずほ号の特別料金を取っていない

JR九州にならい、盛岡駅以北のはやぶさ号の特別料金の徴収を

廃止するべきだと思う。

経営の苦しいJR北海道が尻込みするかもしれないが、

実質的な値下げになれば、長い目で見れば北海道新幹線の増収に

繋がるのではないかと思う。