mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

4年後

4年後に迫った東京オリンピックに向けて、紆余曲折の末に決まった

エンブレムをあしらったグッズが都内で売り出されたという。

爆買いのような買い方を制限する張り紙に、グッズの人気の高さや

東京オリンピックへの関心の高さが伺えたが、グッズを手にして

子どものように無邪気に喜ぶ女性の姿に、エンブレムの白紙撤回騒動や舛添要一

の問題という皮肉な形で東京オリンピックへの関心が高まったように考えるのは

ナンセンスだし、何よりも一生懸命に五輪の準備に取り組んでいる関係者に

失礼だと思った。

最初はあまり評価しなかった格子柄のデザインも、中日ドラゴンズ

オリックスバファローズが同じようなチエックの特別ユニフォームで

集客に成功したこともあり、今は悪くないと思っている。

だが、グッズを手にして喜ぶ女性の姿を見て、まだ東京オリンピック

4年後の話であり、鬼も笑わないといった感じで戸惑った表情を

見せていたアナウンサーの姿にどこか違和感を覚えた。

確かに来年のことを言うと鬼が笑うとは言うが、過ぎ去ってしまえば

4年なんてあっという間である。

4年といえば4年制大学の入学から卒業までの期間と同じである。

自分は大学に適応できず、別の大学に入学し直すという苦い経験を

味わった上に、心理学を学んでいたのだから大学院に進み

カウンセラーをという目標も叶わず、運命の巡りあわせで

ブラック企業に進んだ結果、心身を壊し、カウンセラーになるどころか、

今では声も出せない体になってしまった。

そういう自分から現在大学で学んでいる若い学生の方に伝えたいのは、

きちんとした将来のビジョンを持って勉学に取り組んで欲しいということと、

国が豊かになることも大切だけれど、沖縄県でアメリカ軍の高飛車な

態度に苦しんでいる方々のことや、社会の底辺で頑張って生きている

人たちのことも考えて、せっかくの投票の権利を棄権することなく、

参議院議員選挙東京都知事選挙に真剣に向き合って欲しいということです。