mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

果てしない大空と最果ての鉄路

今春の北海道新幹線の開業によるJR北海道江差線の部分廃止で、

第三セクター鉄道道南いさりび鉄道が誕生し、日本最北の

第三セクター鉄道の座が青森県青い森鉄道から北海道に移りました。

ですが、以前にも北海道に旅客営業をしていた第三セクター鉄道が走って

いたことをご存知でしょうか。

それが北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線です。

この路線は元々国鉄池北線だったのですが、利用客が少ないとして

第三セクター鉄道に転換されたのです。

でも種村直樹らが指摘していたように、池北線よりも距離や利用客の

多かった国鉄名寄本線などの特定地方交通線が軒並みバス転換され、

今ではそのバス路線さえ、過疎化で補助金頼みだったり、

乗って残そうのスローガンの元に存廃運動が行われるありさまなのに、

何故池北線だけ第三セクター鉄道として残れたのか訝しがる声が

起こるのも当然で、沿線の足寄町出身の元新党大地の代表、

鈴木宗男氏との関係を嗅ぎつけた写真週刊誌が、ふるさと銀河線

鈴木踏切という名称の踏切の写真をグラビアに載せて、

日本共産党議員が指摘した北方領土ムネオハウス問題同様、

公共財である鉄道の私物化ではないかと指摘したこともありました。

でも、ふるさと銀河線の沿線にしてみればそんなマイナスな話ばかりでは

迷惑でしょうし、上越新幹線田中角栄北陸新幹線小渕恵三

森喜朗九州新幹線古賀誠といったように以前から自民党議員と

鉄道計画との関係が指摘されていたのもまた事実なのです。

さて、足寄町出身の有名人と言えば、鈴木宗男氏の友人である

大御所歌手の松山千春です。

その松山千春の生家が足寄町の知られざる観光スポットになっていて、

彼の追っ掛けの女性ファンや、興味本意で訪れた、前述の

種村直樹や、ゆるキャラの名付け親で知られるみうらじゅんなどの

訪問を受けたそうです。

昨日の記事ではないですが、足寄駅から徒歩では遠い上に、

松山千春の若かりし時の自画像が何故か2枚も飾られた

シュールな光景に、種村、みうら両氏とも気味悪く思ったり、

苦笑したりしたそうです。

聖地巡礼という言葉が、アニメやアイドルのファンの間で話題に

のぼる前から生家が名所になっていたのですから、改めて

松山千春の人気が伺い知れます。

さて、みうらじゅんと同じく、テレビ朝日タモリ倶楽部

出演経験のある横見浩彦は、ふるさと銀河線秘境駅

小学館鉄子の旅の中で松山千春の歌の一節のような

フレーズで表現しています。

原作者の菊池直恵はそんな表現では読者に伝わらないと一蹴していますが、

日本離れした大自然の広がる北海道は、言葉で表現しても

なかなかうまく伝わらないというのも事実でしょう。

ふるさと銀河線の沿線は、日産自動車の耐寒試験のためのテストコースが

あったり、日本一寒いのではないかと日本テレビ月曜から夜ふかし

取り上げられたり、グルメ派にも蕎麦の有名な旧置戸駅や、

起点だったJR根室本線池田駅のワイン城など、見どころに

事欠かないほどで、廃線になったのが今でも不思議なほどです。

途中の陸別駅にあった宿泊施設は今でも現役で、時々気動車

保存運転も行われているので、涼しい北海道の夏を味わいに、

ふるさと銀河線の沿線を訪れてみてはいかがでしょう。