mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

羽越本線の将来

かつて山形新幹線山形県新庄駅まで延伸されたとき、

政令指定都市や県庁所在地でもない新庄市が新幹線の終点になるということで、

一部のメディアで話題になって、山形新幹線の開業をきっかけに

新庄市の知名度を上げようと元北海道日本ハムファイターズ

新庄剛志さんを起用したり、東京駅で、毎時一本のつばさ号の発着時に

山形市新庄市の名前がアナウンスされるのが本当にありがたいと

語っていた山形県の担当者の話が印象に残っています。

ところでそんな新庄市から、同じ山形県酒田市方面に、

JR東日本陸羽西線が走っています。

以前に庄内空港はあるものの、新幹線などの高速移動手段から

見放されてしまった庄内地方の発展の為に、この陸羽西線を電化、

標準軌化して前述の山形新幹線つばさ号酒田市まで直通させるか、

上越新幹線新潟駅からアクセス出来る、特急いなほ号が走る

羽越本線山陰本線のように高速化するか議論になったことが

ありました。

いつの間にか議論は沙汰止みになってしまったけれど、自分なら

羽越本線の高速化よりも山形新幹線酒田市方面への延伸を推したいと

思います。

北海道新幹線北陸新幹線九州新幹線、、、、近年開業した新幹線の沿線は

ブームに沸いているし、たとえミニ新幹線とはいえ、新幹線の車両が地元から

東京駅や新大阪駅まで直通する効果はやはり絶大だと思います。

山形新幹線酒田市へ伸びたら、特急いなほ号の減便、廃止が考えられ、

羽越本線の存廃問題になるのではと懸念する声もあると思います。

でも、羽越本線新潟市酒田市への通勤通学の需要が少なからず

あるし、まだJR東日本50系客車が現役だった頃から松尾芭蕉

奥の細道のルートでもある笹川流れ目当ての観光客も少なくなく、

現在でも観光列車のきらきらうえつが走っているので、

羽越本線のバス転換という事態は考えにくく、

九州新幹線の長崎ルートのようにJR東日本の運営のままで

在来線が残るか、第三セクター鉄道に転換されるかはわからないけれど、

特急いなほ号は走らなくなっても、芭蕉の眺めた景勝地

列車から眺める楽しみは残ると思います。