mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

プレミアムな湯河原

プレミアムな風に、乗ろう

宝塚歌劇団檀れいを起用した近鉄特急のしまかぜのCMで

流れていたキャッチコピーです。

愛知県、大阪府など近鉄沿線で放映されていたので、

耳にした方もいらっしゃると思いますが、この近鉄のしまかぜや、

しまかぜが目指す三重県志摩半島のリゾートホテルにありそうな

プレミアムスイートという高級な客室は如何にもプレミアムという

言葉がぴったりくるように思います。

でも、ローソンのプレミアムロールケーキのように、

プレミアムという接頭語、接尾語のついたお菓子も増えているし、

南海電鉄南海本線の特急、サザンプレミアムなど

最近プレミアムという言葉が濫用気味に思うのは

気のせいでしょうか。

お菓子の例なら、プレミアムの付かないものとどう違うのと

言われそうだし、後者の南海の特急は、鉄道に詳しくない方は

桑田佳祐の新曲と誤解しないでしょうか。

そんなプレミアムという言葉が誰よりも好きそうな舛添要一氏が

足繁く通って、不本意な形で有名になってしまった神奈川県湯河原町

湯河原温泉ですが、ここに泊まるつもりなら、電話で予約するときに、

駅からすぐと言われても鵜呑みにしないことです。

この湯河原温泉は、東海道本線湯河原駅から「車ですぐ」なのですが、

旅館の方の駅からすぐという言葉を鵜呑みにして、駅から歩こうとすると

山道を延々歩く羽目になりますよ。

この湯河原温泉の場合は、湯河原駅から伊豆箱根鉄道バスが温泉郷

向けて出ているからまだいいですが、それでも路線バス関係の雑誌に

連載を持っていた種村直樹でさえ、湯河原駅から温泉郷が歩いて直ぐと

誤解して、ふらりと温泉目当てに途中下車したら、温泉が駅から

歩いて行けないことに気づき、日帰り入浴を時間の関係で

断念したほどです。

でも、自家用車の利用が当たり前になっていて、徒歩や公共交通機関で

訪れるお客に、自動車を使わない前提で最寄り駅からの経路を説明

出来ない温泉地の方を責めることは出来ないと思います。

鉄道や路線バスが好きな人間には複雑なことですが、

都会から離れた地方に行くと過疎化で公共交通機関が廃れて

しまい、地元の方にさえ当てにされていないのもまた事実なのです。

秘境駅という言葉も、そうした時代の流れの中で生まれて来たように思います。

牛山隆信や横見裕彦も、まだJRグループ国鉄だった頃は、

この駅は賑やかだったのに、、、とよく述懐しています。

プレミアム、駅から直ぐ、秘境駅、、、いずれにしろ

言葉の使い方には気をつけたいものですね。