mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

山葵と笹餅

入梅で食中毒を心配する時季になりました。

そんな時に頼りになるのが山葵の殺菌効果です。

薬味としてお馴染みの山葵だけれど、殺菌効果を謳った山葵の

抗菌シートなどの製品も出ているのです。

そんな山葵といえば、バスツアーで訪れた客が、名産の山葵漬けや、

山葵味のキットカットを次々に買い求めるイメージから、

静岡県の名産のイメージがありました。

山葵漬けの入った駅弁を東海道新幹線で食べたこともあるし、

山葵漬けをお土産に下げて新幹線に乗った方も見えるでしょうから

やはり新幹線の効果は絶大ですね。

でも、信州の安曇野での山葵栽培の様子を見て、山葵は静岡県だけの

ものではないと認識を新たにしました。

安曇野北陸新幹線長野駅糸魚川駅から在来線で行こうとすると、

臨時列車がなければ松本駅南小谷駅などで乗り換えを強いられるけど、

新幹線効果が安曇野にも広まるように、関係するJR東日本JR西日本

両者と、地元の自治体には観光客の誘致と名産の山葵のPRに

力を入れて頂けたらと思います。

この長野県の北陸新幹線沿線では、妙高の名は上越妙高駅として

新幹線駅に残ったものの、JR東日本からえちごトキめき鉄道

経営が移管された妙高高原駅付近で笹餅が話題だそうです。

笹餅というと、何となく長野県の隣りの新潟県羽越本線沿いの

村上市辺りの名物と思っていたけれど、妙高高原の笹餅は初耳でした。

妙高高原の知名度を高めるためにも、笹餅が京都市の生八つ橋や、

前述の静岡駅の山葵漬けのように上越妙高駅のお土産として

 定着するといいですね。

お餅は太るという人もいるけれど、長持ち、力持ちのように

いい意味で「もち」という言葉が使われるし、赤ちゃんの

無事な成長を願って餅を赤ちゃんに背負わせる神事や

正月の鏡餅など縁起物でもあるのですから。