mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

三重県の支線巡り

近鉄名古屋線、山田線の三重県内の支線には、最近話題になった路線や

動向が気になる路線もあるので、今回は桑名駅から松阪駅まで、

近鉄名古屋線、山田線と接続する近鉄の支線と言える路線を

辿ってみましょう。

まず桑名駅で接続するのが養老鉄道線です。

養老駅大垣駅を経て岐阜県揖斐川町まで向かっていますが、

経営が苦しいと見え、近鉄の系列から離れるという話があります。

岐阜県三重県の県境は人口の少ない地域である上に、

大垣駅から三重県方面を目指すには、JR東海道本線関西本線

乗り継いだほうが早いので、養老鉄道を長距離乗り通す乗客は

少ないのです。

経営形態が変わっても、懐かしい元近鉄南大阪線のラビットカーが

少しでも長く活躍して、沿線の方々の笑顔を運んでくれたらいいですね。

さて、桑名駅から近鉄名古屋線を南下すると、近鉄富田駅

三岐鉄道近鉄連絡線に連絡しています。

何故近鉄連絡線という名称なのかというと、三岐鉄道三岐線の起点は、

貨物列車が直通しているJR富田駅であり、

旅客列車のみ、近鉄名古屋線との連絡の為に、三岐朝明信号場から、

近鉄富田駅まで支線が伸びていて、実質的にこちらが本線のように

なっています。

この三岐鉄道は、桑名駅近くの西桑名駅からいなべ市方面に

三岐鉄道北勢線を営業していますが、この路線も

元々は近鉄の直営でした。

新型車両を導入し、鉄道友の会からローレル賞の栄誉を受けた

四日市あすなろう鉄道共々、貴重な軽便鉄道の歴史を

守り続けて欲しいものですね。

この四日市あすなろう鉄道は、近鉄四日市駅に連絡していますが、

近鉄四日市駅から分岐しているのが、近鉄湯の山線です。

関西、中部の奥座敷として名高い湯の山温泉のアクセス路線

だからか、不定期で、湯の山線近鉄名古屋駅を連絡する

近鉄特急が復活したのは嬉しいことです。

この近鉄湯の山線四日市あすなろう鉄道内部線、八王子線

元々は同じ三重交通の傘下で直通運転も行っていました。

経営形態はバラバラになってしまったけれど、どちらの支線も

沿線の方々に愛されて欲しいものです。

この近鉄四日市駅から程近い伊勢若松駅から分岐するのが、

近鉄鈴鹿線です。鈴鹿サーキットへの連絡は、近鉄名古屋線

白子駅から三重交通バスか、伊勢鉄道鈴鹿サーキット稲生駅から

徒歩が一般的になっていますが、この近鉄鈴鹿線

終点の平田町駅からでも路線バスでアクセスできますよ。

この伊勢若松駅も急行停車駅ですが、近鉄名古屋駅方面からの急行列車は、

一部が日本一短い駅名で知られる津駅の隣の津新町駅で折り返すため、

津新町駅には折り返す列車用のホームがあります。

この津新町駅からはかつて、今は津市となった旧久居市方面に

中勢鉄道というローカル線が連絡していました。

廃線になったローカル線で忘れてはいけないのが、

津新町駅の二つ手前の江戸橋駅から新松阪駅まで向かって

分岐していた近鉄伊勢線です。

伊勢電気鉄道からの歴史を受け継ぐ由緒ある路線だったのですが、

名古屋線標準軌への改軌のときに伊勢線の改軌は見送られた上に、

利用客も少なく廃止の憂き目に遭いました。

味のある旧型電車や、梨や潮干狩りで名高い津市香良洲町など、

沿線の見どころもあったし、本居宣長松浦武四郎など

郷土の偉人も沿線から輩出しているのですけどね。

さて、津市に別れを告げると、近鉄大阪線を分岐する伊勢中川駅です。

津駅から名張駅までノンストップの近鉄名阪特急や、津駅を出ると

大阪市鶴橋駅まで止まらない列車の多いアーバンライナーは、

伊勢中川駅の手前の中川短絡線でショートカットして、

名張駅方面に向かいます。

この短絡線も支線の仲間に入れても良さそうですね。

さて、伊勢中川駅を過ぎると、線名が山田線に変わり、大阪難波駅

近鉄京都駅方面からの直通列車も加わり、賑やかになります。

近鉄特急、急行だと伊勢中川駅の次がJR紀勢本線名松線

連絡する松阪駅です。

ここからはかつて松阪市の山間部に分け入る

三重交通大石線が連絡していました。

大石線の松阪駅の跡に出来た三交百貨店も無くなってしまい寂しい限りですが、

三交百貨店の隠れた名物だった天輪焼、関東の言い方なら大判焼が、

市内でまだまだ健在なので、天輪焼や松阪牛に舌鼓を打ちつつ、

過去帳入りした支線を偲びたいですね。