mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

変わっても残るもの

意識した訳ではないのに、岐阜県絡みのネタが続いたので、

思い出されたのが篠田三郎さん主演で映画化もされた、

名古屋市から金沢市まで桜で繋ごうと植樹に尽力した

国鉄バスの車掌を描いたさくら道です。

著者は既に故人となり、舞台だった一般道経由の

名金急行線も、東海北陸道の全通、北陸新幹線安房トンネル

開通など沿線の交通事情の変化でJR東海便、名鉄バス便ともに

過去のものになりました。

長距離バス、車掌といって思い出すのが、北海道新幹線

特任車掌を名乗り、大泉洋出世作と言える北海道テレビ

水曜どうでしょうを手がけた鈴井貴之です。

水曜どうでしょうで高速バスのキングと紹介された、

東京都、福岡県を結ぶ西鉄高速バスはかた号が、

バスタ新宿開業後も走り続けているどころか、

福岡県と静岡県、富士五湖方面を結ぶはかた号

兄弟のようなバスができたのも嬉しい限りです。

スターフライヤージェットスタージャパン、スカイマークエアラインズなど

格安航空会社、いわゆるLCCの価格攻勢にも負けず、これらの

長距離バスには末長く頑張って欲しいものです。

そんな鈴井貴之がインタビューで思い入れを語っていたのが、

北海道新幹線の開業に合わせたJR北海道ダイヤ改正以降も

ちゃんと生き残っている根室本線滝川駅釧路駅の間を結ぶ

長距離鈍行です。

南田裕介村井美樹松井玲奈、横見裕彦のような熱狂的な鉄道ファン

ではない筈の鈴井がこの長距離鈍行への愛着を示したのが

嬉しかったし、北海道日本ハムファイターズにも負けない道民からの

愛情があれば、JR北海道の未来は明るいぞと思いました。

この列車を著作に登場させた、亡き種村直樹も、鈴井の発言を

きっと喜んでいるでしょうね。

横見裕彦、牛山隆信らに代表される、ただ鈍行列車を乗り継ぎ、

鉄道と親しむ遊び方を提唱し、現在の鉄道ブームの先駆けと

なったのは他でもない種村なのだし、彼も北海道をこよなく

愛していたのですから。