mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

海峡線の愛すべき駅たち

もう姿が見られないかと思われた、津軽海峡を渡る夜行列車が、

カシオペア、トワイライトエキスプレスなど懐かしい愛称とともに

団体専用列車として復活するのは嬉しい限りです。

急行はまなすで使われていた車両も、大井川鐵道に譲渡が決まり、

二重の喜びとなりました。

そこで今回は、北海道新幹線の開業で廃駅になってしまった

JR北海道海峡線の駅を、本州側から辿ってみたいと思います。

先ずは本州唯一のJR北海道の駅としてファンに名高かった

津軽今別駅

この駅に在来線の定期旅客列車は発着しなくなりましたが、

駅自体は同じ場所にあるJR東日本津軽線津軽二股駅と共に

北海道新幹線奥津軽いまべつ駅として健在であり、

特急のスーパー白鳥が細々と止まるだけだった

在来線時代よりも賑わいを見せています。

次は青函トンネルの中にあった吉岡海底駅、龍飛海底駅の

ふたつの海底駅。これらの駅は元々青函トンネル

非常用の退避場所として建設されたものですが、

在来線当時、北海道新幹線の工事が本格化して営業ができなく

なるまでは、青函トンネルに観光に来た乗客のために、

海底駅の見学ツアーが設定されており、ドラえもん

映画とタイアップした展示がなされたり、外国人観光客が

見学に訪れたこともありました。

今は営業を取りやめ、眠りについたと言いたいところですが、

退避場所としての役割は健在となっています。

でも、北海道新幹線はやぶさ、はやてのJR北海道H5系には

青函トンネルを颯爽と駆け抜けて貰って、非常用の

設備のお世話にならないようにしてもらいたいですね。

非常時でなくても、龍飛海底駅の方は青森県青函トンネル記念館から

ケーブルカーで見学に訪れることが出来ますよ。

余談ですが、このケーブルカーは日本一短い私鉄と宣伝し、

観光客の注目を集めています。芝山鉄道とか紀州鉄道といった

名前が浮かんできますが、せっかく北海道新幹線開業を機会に

売り出そうとしているのだし、細かいところには目を瞑りましょうか。

青函トンネルをくぐるといよいよ北海道です。

トンネルを出て直ぐにあったのが旧知内駅。

青函トンネルの開業と入れ替わるように廃止になった

国鉄松前線と引き換えのような形で新しい海峡線の

駅として開業しましたが、末期は1日2往復しか列車が止まらず、

北海道新幹線の開通を待たず信号場に格下げされました。

お次は北海道新幹線道南いさりび鉄道の駅として

こちらも現役の木古内駅

以前にも触れましたが、函館市方面の在来線と新幹線は発着するものの、

江差町方面が廃止になり、新青森駅方面にも、定期列車では

新幹線のお世話にならないと行けなくなったのは

一抹の寂しさがありますね。

北海道新幹線は厳しい利用状況が伝えられますが、

今も在来線の線路を辿るJR貨物の貨物列車共々、

青函トンネルを何時までも走り抜けて欲しいですね。