mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

遠い駅、近い駅

以前に触れた、北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅近鉄大阪線

榊原温泉口駅、そして現在は廃止になった岐阜県飛騨市の、

神岡鉄道奥飛騨温泉口駅は全て駅名に

「温泉」の文字が入っているものの、いずれも

歩いて行ける距離ではなく、それぞれ富山地方鉄道

路線バスのお世話になる必要があります。

後者2つは、駅目に「口」の字が入っているので、

勘のいい人なら駅前に温泉はないなと思うかも知れないですが、

黒部宇奈月温泉駅はせっかくのフル規格の新幹線初の温泉駅だけれど、

前述の富山地方鉄道宇奈月温泉駅と紛らわしいことや、

富山県の地理や交通に不案内な首都圏方面からの

観光客の利用を想定し、富山地方鉄道の接続駅に合わせて、

新黒部駅とすべきだったように思います。

新幹線の接続駅で思い出したのが、山口県錦川鉄道

清流新岩国駅、旧称御庄駅です。

この駅は国鉄時代から山陽新幹線新岩国駅に近いことが

知られていたのに、第三セクター鉄道に転換されたことも

あってか、なかなか新岩国と名乗ることができませんでした。

最近になってやっと接頭語付きながら晴れて新岩国

名前を貰うことができましたが、錦帯橋などの

市内の観光地や、山陽本線岩国駅方面との連絡は、

路線バスの一人勝ちの状況で、旧御庄駅は寂しい状態であったと、

ルポに綴られることも、もっと早く新岩国の名前を貰えていれば、

無かったかも知れませんね。

同じJR西日本管内では、京都市内の京阪電鉄の駅名も

しっくり来ない部分があります。

祇園四条駅は旅情を誘うような名前で八坂神社にも近く、

名は体を現すの言葉通りですが、同時に改称された、

清水五条駅神宮丸太町駅の名前がどうもしっくり来ないのです。

どちらも駅名の由来となった清水寺平安神宮に行くには

京都市営バスか、三条京阪駅で連絡する京都市営地下鉄東西線

お世話になるほかなく、歩いて行くには少し無理があるのです。

京都市営地下鉄烏丸線五条駅丸太町駅と区別したかったと

いうのなら名鉄名鉄岐阜駅、名鉄一宮駅のように

京阪という社名を接頭語に付ければことは済んだ筈ですし、

前述の烏丸線鞍馬口駅を、駅名からの発想で、鞍馬駅へ向かう

叡山電鉄との連絡駅と誤解する利用客がいて問題になったことの

ある京都市ですし、中之島線の開業に合わせた話題作りや、

観光客の誘致もいいけど、接頭語には検討の余地が

あったように思います。

最後は名鉄の駅絡みのお話です。

先に挙げた岐阜市一宮市の駅は、社名を接頭語に付けていたけれど、

新鵜沼駅、新瀬戸駅の様に接頭語が「新」の字だったり、

名電赤坂駅のように接頭語が古くからの名鉄の略称、

「名電」だったりして、興味深いものがあります。

この名鉄中日ドラゴンズの本拠地、ナゴヤドーム

瀬戸線大曽根駅が最寄りとアナウンスしていますが、

直接距離は隣の矢田駅のほうが近く、この事実を知っている

瀬戸市方面からの乗客が矢田駅を利用することもあるようです。

京セラドーム大阪に近いと言われるけれど、そこそこ距離も

ある上に、電車の本数や終電の時間の点で阪神なんば線や、

大阪環状線と勝負にならない南海高野線汐見橋駅に比べたら、

名鉄の矢田駅も使い勝手良さそうですね。

地図を手に鉄道旅行を楽しむ方もいるし、

目的地に本当に近い駅を地図とにらめっこして

探してみるのも楽しそうですね。