mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

気になるポスター

あるとき名古屋駅で、えきねっと名古屋駅では利用できませんと

大書されたポスターが目に入った。

一瞬意味を掴みかねたが、種村直樹著作で、山陽新幹線

運行情報を電話で尋ねられ困惑する阿佐海岸鉄道の駅員を

見た彼が、利用客にとっては阿佐海岸鉄道も直通するJR四国も、

問題の山陽新幹線を運行するJR西日本も同じ「電車」であり、

会社の違いなど意味をなさないと述べていたのを思い出した。

最初に書いたえきねっとの話もこれと類似しており、

えきねっとJR東海管内では使えないことを十分理解していない、

特急しなので長野県方面から来た乗客や、東海道新幹線で、

東京都、神奈川県方面から来た乗客が名古屋駅の駅員に、

えきねっと絡みの質問をすることが多く、最初のような

注意書きが必要になったのではないか。

JR東日本絡みでいうと、大人の休日倶楽部は北陸新幹線

上越妙高駅より先の富山市金沢市方面にはご利用に

なれませんという小さな文字のポスターの但書きも気になった。

先に触れたしなの号なら長野駅塩尻駅の間、

北陸新幹線なら先の但書きのように東京駅から

上越妙高駅の間はえきねっと、大人の休日倶楽部共に

利用できるのだが、列車は直通運転しているのに、

なんで名古屋駅金沢駅に行けないんだという疑問も

もっともだろう。

ネット予約や、大人の休日倶楽部に代表されるJRグループ

シニア向け割引制度も、エリアの広いJR東日本が纏め役になり、

一つに統一できないかと思う。

途中までしか行けないではもどかしいという人も

いるだろうし、シニア向けの割引に関しては、国鉄時代から歴史のある

ジパング倶楽部を廃止し、大人の休日倶楽部でJRグループ全体が

統一できないかという思いもある。

最後は鉄道とは関係ないが、民主党と書かれたところに、

民進党と上からシールを張ったことが丸わかりの、

ある民進党議員のポスター。

エコだ、節約だと議員側の主張もあろうが、マスコミに

急ごしらえの合併の象徴のように書かれないかとか、

参議院議員選挙の年だし、思い切って一からポスターを

作り直したらどうかと思ったし、民進党の表記がやたら小さく、

お年寄りや弱視の方には党名が伝わらないような気もした。