mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

アメリカに重みを思う

ついに通算安打数の新記録を達成したアメリカ、メジャーリーグ

イチロー選手。

周囲が興奮と歓喜の声を挙げるなか、飄々とした態度で

まだまだ通過点と語っていたのはいかにも彼らしいが、

現在はオリックスバファローズと名前を変えた、

日本時代の所属球団、オリックスブルーウェーブ

ユニフォームを着て、イチロー選手に声援を送るファンの

姿に同じオリックスバファローズのファンとして胸が熱くなると

同時に、かつてオリックスブルーウェーブナゴヤドーム

主催試合を行っていた際、当時イチロー選手をCMに起用していた

日産自動車が、当地出身の人気選手で販促を図ろうと、

イチロ、ナゴヤドームと東海地方で宣伝活動を

行っていたのが懐かしく思い出されました。

ただ残念なのは、イチロー選手の大記録に、日米通算とか

参考記録とか但書きがついてしまうことです。

中学時代の恩師が、アメリカの球団同士の対戦なのに、

ワールドシリーズと名乗るのは如何なものかと言っていましたが、

自分も全く同感で、日本、韓国、台湾など、大リーグ以外の

野球はアメリカから低く見られているのかと思ってしまいます。

そのアメリカで、幼児が池に転落し、ワニに咬み殺されるという

痛ましい事案が起き、施設を管理するディズニー社に批判が

起きているようです。

中国の上海にも自社の施設がオープンしたのだからディズニー社には

管理をしっかりしろよと言いたいですが、同じアメリカで、

ゴリラの運動場に入り込んだ幼児を助けるために希少な

ゴリラが射殺された事案では、射殺の妥当性の議論と、

子どもから目を離した親への批判が起きました。

ワニも、希少なゴリラも、人間も命の重みは等しい筈なのに

何か釈然としない想いがします。

アメリカと命の重みと言えば、やはりアメリカ軍の沖縄県

基地問題に触れない訳にはいけないでしょう。

元アメリカ兵による痛ましい事件が起きて、軍の関係者への

厳しい粛清の命令が出ていた筈なのに、飲酒や

交通事故の問題が生じているようでは、アメリカ軍は

日本人の命を軽んじているのかと批判されても

仕方ないと思うし、平成28年熊本地震の支援に

オスプレイが使われたことに嫌悪感を覚えた日本国民も

いる筈だし、中国が遠慮会釈なく領海侵犯を犯したり、

北朝鮮が不穏な動きを見せているのも事実だけれど、

参議院議員選挙をきっかけにアメリカとの付き合い方を

見直すべきだし、野党内で日本共産党の発言力、存在感が

高まっているのは、沖縄県だけでなく、アメリカとの

付き合い方を見直すべきとの声が少なくないからのように

思っています。

アメリカと選挙といえば、当地では大統領選挙を控えていますね。

民主党、共和党の候補者には発言に重みがないと批判されない

ように、アメリカ人でも日本人でも、同性愛者のような

マイノリティーの人々でも、イスラム教徒でも、

人類皆兄弟、命の重みは同じとの気持ちを忘れず、

選挙戦を戦って欲しいものです。