mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

土佐日記

手書きの日記はブログのルーツと言えなくもないが、

土佐日記の書かれた平安時代は男性が日記を綴るのは

タブーとされ、著者の紀貫之は女性に身を奴して、

平仮名で日記を綴ったのは周知の事実である。

その後土佐日記は時代を超えて愛され、旧土佐国

高知県高知市では土佐日記という名の料理屋を

見かけるほどである。

男性の有名ブロガーも存在する現在とは隔世の感があるが、

タブーに敢えて挑戦した紀貫之に拍手を送りたい。

この土佐日記に使われている平仮名は我が国発祥の文字で、

大切な文化であるし、幼い子どもや外国人など、

漢字の理解が不十分な人とコミニケーションを取るには

役に立つが、大人同士のやり取りで平仮名を多用すると

幼稚っぽく見られるし、同音異義語が判別しにくいと

いったデメリットもある。

それに、ここまで書いてきたコミュニケーション、

ブロガー、タブーなど外来語、和製英語を表記するには

平仮名よりカタカナのほうがふさわしいだろう。

米屋こうじという鉄道カメラマンの表記をあるところで見て、

彼の下の名前は浩二と漢字表記で、常用漢字だから

公式に漢字で書いていいはずなのにと訝しく思ったが、

夏に予定される参議院議員選挙、不可避の情勢になった

東京都知事選挙など、国政選挙、地方の首長、議会選挙の

選挙広報、選挙ポスターでは、むしろ候補者の名前を

平仮名で表記するのが政党問わず一般的な

ような気がする。

本名がどういう字面であれ、選挙権年齢の繰り下げもあり、

候補者の名前は平仮名表記したり、漢字表記でも

ルビが振ってあるとわかりやすく、候補者への

親しみも増すと思う。

国鉄JRグループでも、ひかり、こだま、さくら、やまびこ、

ひたちなど平仮名表記の列車は枚挙に暇がない程だが、

やはり平仮名のほうが日本人にとって親しみが増すのだろう。

今日から交流戦を戦うオリックスバファローズ阪神タイガース

両球団がキャンプを張る四国にも、むろと、あしずりといった

平仮名表記の列車があるが、両球団の選手も、JR四国

社員たちも、土佐日記のように末長く愛されるチーム、

会社を目指して頑張って欲しいと思う。