mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

性差別のセーフとアウト

プロ野球の関係者やファン、OBの中でも賛否が分かれる

コリジョンルール。

これと同じぐらい議論を呼びそうな性差別に関わる問題を

今回は書いてみたいと思う。

まずは小保方晴子氏の問題で、理系の分野で活躍する女性、

いわゆるリケジョのイメージが悪化したのとは関係がなさそうだが、

情報技術の分野をアピールする女性を、ICT48と称して政府が

公募し、参加を希望する女性に、まるでグラビアアイドルの

審査のごとく、全身の写真や身長、体重の公表を

求めていたことだ。

以前自分が務めていたIT企業でも、女性の社員は少なかったし、

男社会で、悪い意味で体育会系で風通しの悪い情報通信の分野に

女性が積極的に参画し、オープンな企業風土に変わることが

出来れば、ブラック企業と呼ばれることも無くなると思うので、

こうした取り組み自体は賛成なのだが、全身の写真や体重など、

女性の嫌がるデリケートなデータまで要求するのはやり過ぎで、

逆に情報通信の分野のイメージを悪くしないかと心配になる。

これに類似した問題が、先般愛知県の豊橋市で起きた

女子高生を起用して観光のPRをする取り組みを

JK広報室と呼ぶことに批判が起きたことだ。

JKビジネスなどと称して、「JK」の略語が、性産業で女子高生を

現す表記に使われているのにお役所がJKという表記を

使うなというのが反対派の言い分だが、性産業などと

無縁の女子高生もJKを名乗っているし、前述のICT48騒ぎのような

セクハラ紛いの行為を女子高生にやらせた訳ではないから

別に当事者の女子高生がアウトと思っていないなら別に

構わないと思うし、市役所の担当者もカメラの前で

批判は当たらないと語っていた。

ところで豊橋市といえば、前述のICT48の元ネタになった、

人気アイドルグループのSKE48で活躍した松井玲奈さん、

アスリートでは中日ドラゴンズの藤井敦志選手、

フィギュアスケーター鈴木明子さん、

そして豊橋市でも主催試合を行う中日ドラゴンズ

応援歌を歌う松平健さんなど、出身の有名人も

多いし、豊橋鉄道路面電車、海外展開も視野に入れている

という地元産のスイーツなど名物や見どころも多いので、

これらを活用すれば、賛否両論を呼ぶような広報を

わざわざやらなくてもというのも一つの考え方であろう。